パル日記(月別一覧)

DSC_0756.JPG

こんにちは~(*^_^*) 河野です。

今日は、6月に(右側の膝)、今回は反対側の膝の手術の為に入院してたビビちゃんを

紹介したいと思います。

上の写真は、術後の入院室での写真です。 おウチの方が、ビビチャンがいつも自宅で使用してる

ビビチャン用のおうちを持ってきて頂きました。

入院という事だけで 緊張していたりするので、心配だったり少しでも落ち着く様であれば

皆さんも持ってきて下さいネSmile 少しでもリラックスした入院生活を送っていただけると。

と思います(^^♪


DSC_0760.JPG この写真は、「ビビちゃ~ん!!」と呼んで出てきてもらいました。

おウチの中にいる姿もですが、この姿も可愛くて可愛くて 思わずパチリ。


ビビちゃんには、院長先生と宮本先生が担当医で二回とも手術を執刀されたのですが、

実は1回目の手術の時に、緊張のあまり 宮本先生が・・・・・。

ご心配をおかけしました。(ペコリ)by宮本先生

ビビちゃんには、いろいろとエピソードがありますね(^O^) これからも一緒にたくさんの思い出の

中に私たちも仲間入りさせて下さいね(*゚▽゚*)

DSC_1171.jpg

10月の獣医師の出勤は、以下のとおりです。

カレンダー画像をクリックすると、少し画像が大きくなって見やすくなります。
20120930111335.png

今産休中の前田先生が10月に少しだけ復帰しますWink{#emotions_dlg.003}


DSC_0357.JPG



10月の9日(火)と23日(火)のお昼診察にきてくださる予定です{#emotions_dlg.156}
時間帯は、14時から3時間ほどですSmile{#emotions_dlg.063}


プレミアな前田先生に会えるチャンスですLaughing{#emotions_dlg.059}
因みに眼科専門の先生です{#emotions_dlg.161}


多少の変更があるかもしれないので、
分からないことがありましたら気軽にお電話ください{#emotions_dlg.175}
お電話での予約は行なっていませんm(_ _)m)


DSC_0360.JPG
いでもっちゃん{#emotions_dlg.001}







こんにちは!!そうまですCool

随分と涼しくなり、過ごしやすい季節となりましたね{#emotions_dlg.062}
人間が過ごしやすい季節は愛犬や愛猫のお散歩時間や回数などが増加傾向にあります。
同時に、ノミやマダニなどの寄生虫も活発に活動し始めますので、お散歩コースは要注意です{#emotions_dlg.005}
予防薬のご質問やご購入に関してはスタッフまでお尋ね下さい{#emotions_dlg.018}

さて、今回は膝蓋骨脱臼
のお話をしようと思います{#emotions_dlg.012}
膝蓋骨脱臼って、皆さんご存知ですか{#emotions_dlg.152}

比較的小型犬に多い疾患のひとつです。
好発犬種はトイプードル・チワワ・ヨークシャーテリア・ポメラニアン・シーズーなどなど{#emotions_dlg.063}
年齢の幅は広く、生後数ヶ月〜高齢犬まで{#emotions_dlg.063}
原因は先天性(生まれつき) や 後天性(転落や事故など)です{#emotions_dlg.063}

どんな疾患かと言うと、犬の後肢にある膝蓋骨(膝のさら)が正常な位置(滑車溝)から
内側、または外側に外れてしますことです{#emotions_dlg.108}

参考図
20120922195315.jpg20120922195357.jpg

通常、歩行や屈伸時、膝蓋骨は滑車溝の上を動きますが、何らかの原因(先天性・後天性)で脱臼が生じた場合
跛行や痛み、抱っこした時後肢の骨がカコっと音を立てたり、散歩中などに急に後肢を伸ばしてみたり・・・
っと症状が出ます。飼い主様が気付く症状はやはり跛行・ケンケン歩く・痛くて着地ができないなど
そんな症状があれば一度病院に相談されると良いでしょう{#emotions_dlg.020}
脱臼の程度によって治療も変わります。

当院では触診やレントゲンで診断が可能です。
脱臼をそのまま放置すると筋組織の変異や骨の変形へと進行する恐れがあり、外科手術が
必要になる場合があります。

外れたままの生活に慣れてしまうと外見上でも痛みがなく、麻酔の心配や手術による痛みの心配、
手術費用の面などで飼い主様も積極的な治療を避けてしまいがちですが、
年齢が若い間に、または脱臼の程度が低いうちに治療を済ませる事を推奨します。
高年齢での手術や程度の悪さは麻酔のリスクや手術の術式に影響します。回復する日数にも関わりますし
その分費用もかかりますからね{#emotions_dlg.109}

例え、外科手術適応の状態で飼い主様が手術を希望されなくても、定期的な膝のチェックや
日頃の健康管理・生活上での注意点などお話ができると思います{#emotions_dlg.119}
心配なことがあれば何でも相談して下さいね{#emotions_dlg.099}
2012.09.22         そうまでしたCool

2012.09.22

寒いよ~!





お久しぶりです!
この頃、朝が寒くて服装に困っているハマーですSmile





最近は急に気温も下がってきています。
体調は崩されてないですか?
病院スタッフもやられてますので気をつけてくださいね!Embarassed










体調を崩すのはわんちゃん達も例外ではありません!
常にわんちゃんを見ている飼い主さんだけが気付く変化も
多々あります{#emotions_dlg.043}


昨日は大丈夫だったからといって油断せず
毎日しっかりと体調をみてあげてくださいLaughing







そして7歳を過ぎると老犬の部類に入ってくるので
年に1回の定期検診をおすすめします!



わんちゃんは私達よりも早く年をとります。
例え、健康そうに見えても不調を隠している場合もありますSealed
病気がわかったころには手遅れになってしまうかも・・・。



なので1年に1回でも内臓機能などの検診をしていれば
飼い主様も安心できると思います{#emotions_dlg.028}













これから寒くなるということで、居候猫ちゃんマンモさんの
お家が新しくなりました!!



DSC_0489.jpg






















かなり気に入ってるようですWink








では、体調にはお気をつけて!
ハマーでした{#emotions_dlg.043}