パル日記(月別一覧)

こんばんは!獣医師の宮本ですSmile

さて、今回は、「肛門周囲腺腫」について紹介します。
肛門周囲腺腫は、題名の通り、男の子に出来やすい肛門の腫瘍です。特に高齢で、去勢手術を
していない子に発生します(逆に、去勢している子は殆ど発生しません)。この腫瘍は良性で、
男性ホルモンに関連していることが分かっており、もし発生したとしても、去勢手術をすると
だいたいが縮小すると言われています(もちろん例外もあります)。
下の子は、肛門の右上にしこりが出来てしまった子です。
苦手な方はクリックしないでください↓
DSC_1136.JPG
表面が崩れてしまい、汁がでて、一部出血も起きていました。(画像が荒くてすみません。)
このような病気を診たとき、僕たちは、腫瘍じゃないかどうか、腫瘍としたら何なのかを考え
いきます。今回の子は、高齢で去勢をしていなかったため、肛門周囲腺腫かなぁと考えていましたが、
もちろん、肛門にできる悪性の癌など、そうじゃないケースもありますので、そういったことも含め、
診察、検査を進めていきました。その結果、高齢であり、少し心臓にも不安があったことと、
しこりを全てとった場合、肛門の一部も取らなくてはいけなくなり、術後に便がうまくできなく
なってしまう恐れがあったため、オーナーさんとよくよく相談し、去勢手術+生検(診断のため、
しこりの一部を採ってくる)を行いました。
結果、肛門のしこりは“肛門周囲腺腫”で、様子を見ていきましょう、という形になりましたSmile
下の写真は、それから2ヶ月後です。腫瘍自体やや小さくなり、赤くなり汁が出ていた部分は
綺麗になっていました。本当に良かったです{#emotions_dlg.001}
DSC_1009.JPG
このように、”性別によっておこりうる病気”、というのが結構存在します(乳がんや前立腺の問題など)
このような病気は、避妊や去勢手術で“予防”が可能ですので、今後子供を生ませないかなぁ、と
お考えの方は、我が子のために手術をやってあげることをおすすめします{#emotions_dlg.161}
宮本


2013.08.31

新しい仲間

こんにちは!大浦です(旧そうまです)

「そうま」はあだ名でしたが、今回から本名に切り替える事にしましたCool

 

それはさておき{#emotions_dlg.005}

実は母の実家に新しい猫が仲間入りしました。

 

名前は「サスケ」です…そのはずですが、祖母は「タマ」と呼んでいます。

祖父は「ムサシ」と呼んでいます。ややこしい限りです…{#emotions_dlg.142}

…とりあえず、サスケはどんな名前を呼ばれてもニヤ~っと返事しています{#emotions_dlg.118}

なんとも空気が読めている可愛い子です。

 

20130831212153.jpg

人生初の猫じゃらしに大興奮!!思い通りに捕まらないのが気に食わない様子でした。

 

 

20130831212350.jpg

 

姉の靴紐をガジガジ噛んで悪戯してました笑

 

祖父母は私の職業を知っているのでとにかく、いろんな事を質問{#emotions_dlg.099}

しかし、田舎には動物病院が極わずか。近くにないのが不便ですCry

そう考えると、遠賀地区、八幡地区には多くの動物病院が点在してますよね!!

病院を選ぶ!っというのは田舎には殆どないスタイルです。

 

前回、龍美君がパルでわんわんドッグを行ったのもそう言った事が理由になります。

立派なセカンドオピニオンです。

お歳をとってきたから心臓の機能が気になるけど、実家の近くにある病院では…。っと、

姉から相談があっていたんです。

きっかけはそこから始まったんです{#emotions_dlg.149}

 

飼い主様それぞれが、それぞれの不安や心配をお持ちだと思います。

当院ではホームページ上でセカンドオピニオンの枠をとってます。

何かご質問等ありましたらお気軽にご利用くださいね{#emotions_dlg.100}

 

 

 

 


2013.08.31

台風(´・_・`)



こんにちは!今日で8月最後ですね!
最近は雨が激しく、台風も接近
したとゆうことで大変でしたねっ(´・_・`)

お散歩に行けてない!と、
おっしゃる飼い主様が多かったです{#emotions_dlg.086}
早く天気が良くなってほしいですね(;_;)


話は変わりますが先日パルスタッフの
先生、先輩方に誕生日のお祝いを
して頂きました!パルは誕生日の月に
月みんなでお祝いをします。ケーキも
美味しくて、とても嬉しかったですKiss{#emotions_dlg.156}

院長先生、美香さん、先生、先輩方
本当にありがとうございましたっ{#emotions_dlg.051}{#emotions_dlg.047}
DSC_0958.JPG
DSC_0967.JPG


日高でした{#emotions_dlg.063}

2013.08.31

胃のできもの

今回はたまたま、見つかった病気についてです。

この子は別件で麻酔をかけるときに、術前検査のひとつで胸部レントゲンを

撮影したときに胃内異物が見つかり、内視鏡することになりました。

異物は問題なく取れたのですが、その際、胃に5~10mm位のできものが

発見されました。生検(3mmくらいだけ採取)し、検査に出すと結果は

胃がん でした。その後、胃の部分切除をしましたが、胃がんはほぼ悪性です。

症状が出始めて発覚して時は、かなりの大きさになっていることがほとんどです。

今回は本当にラッキーでした。早期発見できてよかったです。

 

胃の内視鏡

ESNMN.JPG

 

切除された胃がん(中央部の豆のようなものが腫瘍部)

(血が苦手な人はクリック避けてください↓)

 

DSC_0566.JPG

 

 

                                                                                   二宮


こんにちは{#emotions_dlg.028}

まだ、暑い日が続いていますが

最近日が暮れるのが早くなってきましたねWink

 

先日病院に検診に来ていた『パンチくん』{#emotions_dlg.063}

診察前に二宮先生とツーショット{#emotions_dlg.158}

DSC_2934.JPG

 

 

 

井手本はミックス犬が大好きなので

パンチくんみたいなわんちゃんLOVEです{#emotions_dlg.156}

なので、診察後に井手本とツーショット{#emotions_dlg.001}

DSC_2941.JPG

 

 

 

また、検診に来たらクッキーあげるねWink{#emotions_dlg.176}

ハンサムなパンチ君でした{#emotions_dlg.059}
DSC_2931.JPG

いでもっちゃん{#emotions_dlg.175}