パル日記(月別一覧)

皆さんこんにちは!獣医師の宮本です。

 

今回は、子犬や子猫の成長についてコメントしたいと思いますSmile

 

 

ワンちゃんやネコちゃん達は、人間の約4倍のスピードで年をとると言われています。

しかし、特に小さい頃は成長がすごく早く、1ヶ月で約 2年歳をとります(あっという間に大きくなりますよね!)。

 

こ こで、ひとつ気を付けておかないといけないのが、骨格系の病気です。

先ほど小さいときの成長スピードについて書きましたが、どんどん大きくなっていくの で、時々、問題が発生

する子達がいます(原因は犬種などです)。例えば、小型のチワワちゃんやトイプードルちゃんなどでは、

膝のお皿が生まれつきゆるい子がいます。特に程度がひどい子達は、成長とともに骨が曲がって育って

しまい、歩けなくなってしまうような子も出てきます。

 

 

下の子も生後90日で来られたのですが、膝のお皿がゆるかったため、こまめな検診(1週間単位)をおすすめ

しました。

DSC_1056.jpg

DSC_1057.jpg

外見上、特に異常はありませんが、このくらいの子達でも触診でわかります。

 

 

病気が発覚した場合、何かしらの対応が可能なので、ぜひぜひ皆さん、新しい子がおうちに来たら、

遠慮なく“健康診断”にこられてください{#emotions_dlg.001}

 

 

朝、夕が随分涼しくなりましたね。今まで、足を広げて寝ていたうちの猫たちの寝るスタイルも変わってきました。

今朝はたたんであった洗濯物の上で香箱になって気持ちよさそうに寝ていました。不覚・・・。

DSC00872.jpg

宮本


こんにちは。
最近車が修理からかえってきました!ハマーですLaughing

皆さんこのポスター見たことありませんか?
DSC_2362.JPG

そうです!当院の診察室・待合室に貼ってあるポスターです!!
これは猫ちゃんの飼い主様に向けたポスターです。
飼い主様方守っていただいてありがとうございます(*´ω`*)

猫ちゃんは環境が変わると極度に緊張してしまいます。
そのため暴れてしまったり、無意識に噛み付いてしまったり、
逃げ出そうとしたりと様々です。
そこからの落下による怪我や暴れることによる傷の悪化などの被害を
防ぐためにもまもっていただきたい約束事なのですYell
今後ともおまもりいただくようお願いします。

ハマーでした{#emotions_dlg.043}


2013.09.29

祝☆12歳


私、井手本の愛犬もこちゃんが
今月で12歳を迎えましたWink{#emotions_dlg.157}
しかし、拾った犬なので推定ですが…(笑)
attachment00.jpg


今では、こんな感じですが、
拾った当初のもこちゃんはと言うと…


attachment002.jpg


こんなに、モコモコしてたんですよSmile{#emotions_dlg.001}
因みに妹の髪の毛もモコモコですね(笑)
この時から確実に上下関係が成り立っています(笑)


この写真から12年…

attachment001.jpg

もこちゃんも妹も成長したなぁって実感しますねLaughing
あっと言う間の12年間だったと思います{#emotions_dlg.150}


本当に時が経つのは、早いので
これからも時々は実家に帰って
もこちゃんとの時間を大切に過ごしたいと
思っていますヾ(*´∀`*)ノ


いでもっちゃん{#emotions_dlg.175}

2013.09.29

ナイト君!

こんにちは!Cool 大浦です{#emotions_dlg.003}

もう9月も終わりですね…。あと3か月も経てば年越しです{#emotions_dlg.130}
何とも月日が経つのは早い{#emotions_dlg.139}
私は今年の9月で26歳になるのですが、先日研修で来ていた中学生に
『何歳に見えますか?』っと質問をしたら

『う~ん………3……3じゅう…39歳?』っと言われ撃沈しました{#emotions_dlg.133}
そんな歳に見えるのだろうか…。

あっ!すみません。随分それた話をしてしまいました。

今日はシェパードのナイト君に登場してもらいます{#emotions_dlg.001}{#emotions_dlg.059}

ナイト君はまだ育ちざかりの男の子!
ぐんぐん体格ががっちりしてきました。(大浦も負けてられませんね{#emotions_dlg.116}
先日、股関節の検診とアレルギー検査ご希望で来院されました。
これから訓練に出るらしく、飼い主様と数か月離れ離れになるそうなのです。
飼主さん、寂しいでしょうね{#emotions_dlg.134}
パルのスタッフも寂しいです{#emotions_dlg.133}
訓練にでる必要があるのかと思うくらい、病院内ではお利口さんなんですよ。
でも、飼い主さんはナイト君がお散歩の時に引っ張るので股関節に負担がかからなように
訓練で改善したいっとおっしゃってました。
ナイト君の事よく考えていらっしゃいますね{#emotions_dlg.100}
今日は来院の混み合いも無かったのでナイト君ソファにちょこんと座ってみました。

か、かわいい{#emotions_dlg.123}
DSC_1712.jpg

記念の一枚ですね{#emotions_dlg.080}
ナイト君、訓練頑張ってくださいね!!{#emotions_dlg.161} 大浦でした




こんにちはSmile!獣医師の宮本です。

 

今回は、当院で行なっている検査セットの、“わんわんドック”について紹介したいと思います。

ワンちゃんたちは7歳を越えてくると、いわゆる老齢期に入ってきます。このくらいになると、

いろいろな病気の発生率が高くなりますので、私たちは、フィラリア検査の時に一緒に血液検査を

おすすめしています。元気な子達はこの検査だけをおすすめしておりますが、なんとなく調子が悪い子や

オーナーさんがより詳しい検査を希望されるときなどは“わんわんドック”をおすすめしています。

 

内容としては、、、

 

身体検査(爪切りや耳掃除等も含みます)

血液検査(全血球計算、血液生化学、電解質)

レントゲン検査(胸部、腹部)

エコー検査(心臓、腹部)

血圧測定

心電図検査              です。(お値段は21,000円ですSmile

 

基本的には、一日かけての検査になりますので、朝お預かりして、夕方お返しする形で行なっています。

検査の結果は全部院内検査となりますので、その日にお話が出来ます。

 

 

つい先日、少し調子が悪いということで、わんわんドックをすることになった子がいました。

 

 

すると、、、レントゲン検査で、お腹の中に大きなしこりが見つかりました。

rosinannte.jpg

 

そのあと、エコー検査でしこりは脾臓のものと分かり、総合的な判断の元、手術で摘出することと

なりました。

 

DSC_0292.jpg

 

 

 

 

結局、病理検査にて、脾臓では珍しい“形質細胞腫”と診断されました。おそらく腫瘍の影響か、

目が見えなくなってしまいましたが、今は抗癌剤を飲んで治療を行なっています。

これからも頑張っていこうね{#emotions_dlg.001}

 

 

 

こ のように、何か見つかる時もありますが、逆に、わんわんドックをしても、“これ”といった病気が

見つからないこともありますので、注意が必要ではあります。しかし、そのまた逆に、心臓やその他

内臓などに大きな異常が見られなかったことになるので、安心も出来るのではないかなぁと思います。

 

 

 

 

気になる方は是非気軽に聞いてみてください!

宮本