パル日記(月別一覧)

2013.10.31

ノミ・ダニ


DSC_0023.JPG



DSC_0022.JPG


DSC_0019.JPG
20131123201311.jpg

2013.10.31

大西ちゅみ



DSC_0494.JPG

DSC_0492.JPG

DSC_0695.JPG

DSC_0693.JPG

2013.10.31

可愛いNew Face

こんにちは。

新しく家族が増えたとのことで来院してくれました。

New Faceちゃんは  うみちゃんです。

すごく好奇心旺盛な小さな小さなニャンコちゃんです

診察が終わって写真を撮らせてもらいに待合室までいったのですが、外の方に

興味津々だったので、もう一度診察室にもどってもらい診察台の上へ・・・

それでも飛び降りちゃいそうになりながらの写真撮影

いいお顔で撮れてるカナ?


うみちゃんを受け入れてくれてるのは、大きな大きな そらクンです。

そろそろ二人で仲良く遊べてる頃かなぁ?
こんにちはヽ(^0^)ノ マエダです。{#emotions_dlg.170}
先日、マカダミアナッツチョコレートをつまみ食いしてしまい、来院されたワンちゃんがいましたので、
チョコレート中毒とマカダミアナッツ中毒についてお話しようと思います。

チョコレートの場合、テオブロミンという成分が血圧の上昇や不整脈をおこすことがあり、精神不安定状態や
興奮、振戦、痙攣および最終的には昏睡などの中枢神経興奮状態がみられるといわれています。
パンティングや尿失禁がみられることもあります。大量に摂取した急性の場合は、6~24時間以内に死に
至る危険なものです。
慢性的に数日間以上食べていても、心不全となって突然死することがあります。

人にとって大丈夫な量でも犬にとっては死に至る中毒症状に陥る危険がありますので、私たちのおやつの
チョコレートは犬や猫の手の届かない場所に保管しましょう。{#emotions_dlg.074}

万が一、見つかって食べられてしまった場合は、すぐに動物病院に行っていただき、催吐処置にて吐かせて
あげましょう。
吐くのが早い程、中毒症状になることを防ぎ、症状を緩和できます。

今回のワンちゃんも、飼い主様が気づいて食べてから40分程で来院されたので、催吐処置により食べた
であろうチョコレートとマカダミアナッツ4個分を吐くことができました。
その後、活性炭の服用で中毒症状と思われる症状もなく、今でも元気にすごしています。

DSC08746.JPGDSC08747.JPG



マカダミアナッツ中毒では、主に犬に発生し、摂取後かなり早くから激しく症状がでるといわれています。
虚脱、嘔吐、運動失調、あるいは後肢の不完全麻痺、震え、発熱などです。
これらは、ほぼ48時間以内に回復するといわれていますが、このような症状をみると飼い主様は心配で
しょうがないと思います。

今回は写真のように、まだナッツが消化していなかったので、症状もまったく出てなかったのでよかった
です。(*^_^*)




{#emotions_dlg.063}DSC_7241.JPG
こんにちは~Smile 河野です。

 

新しく患者さんが来院されたので、ご紹介させて下さい。

 

白虎ちゃんです!!

 

来院された時は、小さくて人見知りもないようでしたので、院内を抱っこで少し

 

散歩しました。 
DSC_7247.JPG  

 

写真は、検査室内です。隣のペットボトルは500MLの大きさです。

 

とても興味津々でカメラ目線をいただきました{#emotions_dlg.100}   


2013.10.17

似てる?

今日の手術で来られたわんちゃん▽・w・▽
リサ&ガスパールのリサにそっくり!

DSC_3069.jpg

あんまりそっくりなので、つい写真撮影してしましました…..

(あまりリサ&ガスパールをご存知ない方のために。
こんな感じの、絵本の主人公です)
20131017194642.jpg
ちなみに、リサはたぶん、うさぎです。             ふるふる

10月も中盤になって、だいぶ過ごしやすい気候になってきました{#emotions_dlg.035}
こうなると山や野にわんちゃんと一緒にお散歩に行きたくなりますよね。

でも、野山にいるダニから人間が重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を感染させられやすくなるのもこの季節です。
人間は長袖・長ズボン!わんちゃんはフロントラインや内服薬のコンフォティス等のダニ予防薬でしっかり予防してあげましょう(^-^)/!


というわけで、SFTSの話題なのですが、先日新聞にこんな記事が載っていました。

SFTSの患者さんが報告された県のワンちゃんの血液検査をしたところ、山口・熊本・宮崎県でワンちゃんもSFTSウイルスに感染したことがある、と分かったという研究報告です{#emotions_dlg.112}

わんちゃんひとりでお散歩に出かける機会はあまりないと思われますので、
いっしょにお散歩行っている飼い主さんが、いつものお散歩コースや、ちょっと遠出して行った山や野などでSFTSウイルスに感染する可能性があるよ、ということを示唆しています。
(もちろんわんちゃんは、SFTSウイルスにかかっても病気にはならないし、人間にウイルスを感染させたりすることは絶対ないので、その点に関してはご安心下さい)

20130924163255.jpg


ちなみに蛇足ですが、山口大学でウイルスの研究をされている前田健教授は私の恩師です(ちょっと自慢{#emotions_dlg.098}
私が6年生の時、ウイルス部屋の前田先生が27歳の新米准教授だったです。懐かしいです。



蛇足ついでに、もうひとつ。
お外から帰ってきたわんちゃんの、ダニがつきやすい場所をご紹介します。
ダニ予防薬してても一時的にこういう場所にダニがくっつくので、わんちゃんと楽しくお散歩行ったあとはよくダニチェックしてあげてくださいm(_ _)m   ふるふる

20130926193125.jpg

20130901165446.png

 

今年もパルリンピック開催いたしますLaughing

去年に引き続き人気が高かったため、今年は人数枠を増やしています{#emotions_dlg.158}

 

前回人気だった競技はそのままで、新たに2つ競技を増やしました!

 

{#emotions_dlg.063}おすわりドミノ

{#emotions_dlg.063}運試しおたまリレー

 

名前だけ聞いてもなかなか想像出来ないですよね(^^?)

 

おすわりドミノは名前の通り、ワンちゃんのお座りでドミノをします!

 

運試しおたまリレーはまさに、運試し!

勝負のカギを握るのは・・・お た ま !

普通のリレーより更に面白く、盛り上がる競技なのは間違いありません(^^♪


気になる方は是非ご参加ください(ノ*^^*)人(#^.^#)ノ

ワンちゃんが苦手な子でもお友達ができるチャンスですよ~U・エ・U

 

事前予約制になりますので気になる方はお電話またはスタッフまでお問い合わせ下さいLaughing

 

みなさまの参加心よりお待ちしておりますKiss

※お申し込みにはワクチン証明書が必要になります。

 





こんにちは( ´ ▽ ` )日高ですっ{#emotions_dlg.059}
今日は当院にある、水中トレッドミルについて
簡単にご紹介したいと思います!!

みなさんは、スポーツジムなどでよく目にする
床が動いて人が走る機械をご存知ですか?
水中トレッドミルとは分かりやすく説明すると、
浴槽の中にその機械が入ったマシンになります!

水の中の床が移動することで、
地面では自分で起立できないわんちゃんでも
浮力によって起立することができたり、
弱い力でも歩くことが可能になります!
さらに地面では痛くて足を使えない場合でも
浮力によって痛みを軽減させ筋肉を
鍛えることができます( *`ω´){#emotions_dlg.001}負担が少なく
筋肉を鍛えれるところがいいですよね!

今回、いつもトレッドミルを頑張っている
アイラちゃんをご紹介したいと思います(*´ω`*)
DSC08510.JPG
DSC08508.JPG
↑トレッドミル後のアイラちゃんです{#emotions_dlg.156}

アイラちゃん、いつもトレッドミルから
帰った日はたくさん寝ているそうです( ´▽` )
アイラちゃん、いつもお疲れ様です{#emotions_dlg.158}
これからも今まで通り頑張っていこうねSmile{#emotions_dlg.156}

お母様、ご協力ありがとうございました(>_<)
日高でした{#emotions_dlg.063}

ちょっと前まで手術用顕微鏡の体調が悪かったのですが、院長と二宮先生が治してくださいました

ナイスタイミングなことに、猫ちゃんの尿管結石の前日に♥
(治ってなかったら、しかたなく拡大鏡使おうと思ってました…..)

顕微鏡なしでは内径3mmの尿管縫うのはとてもとても大変ですが、顕微鏡があると、その細い尿管がまるでゴムホースのようにぶっとく見えます。

私が
「(尿管の)粘膜にもうちょっと大きく針かけようかな」  ←縫い代を大きく取るということですね
とか
「もう少しゆるめに縫おう」
とかつぶやいていても、周りの看護師さんたちにはその縫ってるところがよく見えてないので???と、ずっと首をかしげていたそうです。

というわけで、マイクロサージェリーの画像です♥
尿管結石の手術の画像です。血が苦手な方は画像をクリックしないで下さい。
DSC_0610.jpg

縫っている尿管の隣に、手術に使う滅菌した綿棒が見えるのがわかりますか?
尿管と綿棒の幅は、ほぼ同じくらいです。
DSC_0613.jpg

これが尿管結石です(ピンセットでつまんでます)
こんなちっちゃな石に苦しめられるなんて…..
DSC_0650.jpg


せっかく助手してくれているので、看護師さんにも術野をいっしょに見てもらいました{#emotions_dlg.120}
DSC_0549.jpg


院長も見に来られました{#emotions_dlg.116}
DSC_0661.jpg

手術されていたのは、この可愛い猫ちゃんです{#emotions_dlg.105} 元気になってよかったね!
DSC_2367.jpg
ふるふる