パル日記(月別一覧)

2014.04.29

春の訪れ


こんにちはSmile井手本です{#emotions_dlg.002}
だんだん暖かくなって来ましたが、
皆様が“春だな〜”と感じる時はどのような時でしょうか?

井手本が春を感じるのは、わんちゃんや猫ちゃん達の
抜け毛!(換毛期)がはじまった時です{#emotions_dlg.150}

この季節になると掃除機とコロコロが
手放せなくなりますよねCry

最近我が家でよく見る“毛ずくろいシーン“{#emotions_dlg.003}
体の隅から隅まで丁寧に舐めておりますWink
20140429203431.jpg


おかげで、お家に帰るとよく井手本を
お出迎えしてくれる毛玉ちゃんFrown{#emotions_dlg.060}
20140429203353.jpg


なので、この時期は出来るだけブラッシングなどを行ってあげましょうWink
井手本家のジンくんのブラッシングはコロコロ{#emotions_dlg.158}
コロコロをしてあげるといっつも楽しそうなんですSmile
20140429203459.jpg
しかし、長毛種の子たちは毛が絡むのでやめましょう!
そして、合う合わない子がいると思うのでおすすめはしません



そして、この時期にしか見られないレアなアルちゃん{#emotions_dlg.156}
20140429203758.JPG

なにがかと言うと、、、この眉毛!!!!
いまの抜け毛の時期になるとなぜか眉毛が現れるのですSmile

わかりますか{#emotions_dlg.155}
正面からみると、こんな感じWink{#emotions_dlg.001}
とっても可愛いですよね{#emotions_dlg.156}
20140429203826.JPG


そして、アルちゃんとお姉さんの2ショット{#emotions_dlg.004}{#emotions_dlg.001}
いい記念写真が撮影できましたLaughing{#emotions_dlg.158}ありがとうございましたWink
20140429203853.JPG

井手本でした{#emotions_dlg.175}

2014.04.29

胃内異物!

天気の良い日は子供と何して遊ぼうかなと考えるとワクワクしちゃいます。{#emotions_dlg.170}

我が子ももうすぐ2歳。大きくなってくると食べれるものも増えてきて、嬉しくなります。

先日、焼き鳥を爪楊枝ごと食べてしまったという、ワンちゃんが来院しました。
食べてすぐ来て頂いたのですが、爪楊枝のように尖ったものは嘔吐処置で吐かせるのは危険なので、
内視鏡にて摘出する事になりました。
DSC_0125.JPG


大きな肉の塊で爪楊枝の探索が困難なため、肉の塊も内視鏡で取り除きながら折れた爪楊枝を摘出
する事ができました。その後も調子良くいい便をして元気も良いとの事で、一安心です。


子供もそうですが、ワンちゃんも気になるものは何でも口に入れたがりますし、おいしそうな臭い
のする物は尚更あっという間に取られたりするので気をつけましょう。
マエダ

最近手術ブログをさぼっていて申し訳ないです{#emotions_dlg.113}

手術が少ないのではなく、逆に緊急手術が多すぎてブログをアップ出来ないでいます。申し訳ない。

という訳で、久々に会陰ヘルニア手術のブログです。
以前からたびたびブログに登場していますが、会陰ヘルニアは中高齢の男の子のワンちゃんに多い病気です。
人でいう”脱腸”なのですが、犬では肛門の横に腸や前立腺、膀胱が飛び出してふくれてくる病気です。

たいがいは便が出にくいなー、最近排便時にウンチがなかなか出なくて便秘かな?下痢かな?と、いう症状がほとんどなのですが…..

膀胱が出てきてしまった時だけは緊急疾患です!命に関わります!!
過去に自分は、お尻の癌ですと紹介されてきた子が膀胱の脱出していた会陰ヘルニアで(4〜5日前から飛び出していたらしい)、今からすぐ手術しよう!と準備しようとしたら亡くなってしまった方がいました。悲しい思い出です。

今回のチーズちゃんも膀胱が飛び出してぐったりしています。
DSC_0059.JPG


後ろから見るとこんな感じ。血便•血尿が止まりません
DSC_0055.JPG

DSC_0057.JPG


日曜日でしたがこのまま緊急手術になりました{#emotions_dlg.112}
バラ先生が手伝ってくれてます{#emotions_dlg.120}
P1090729.JPG

※ココから先は手術画像です!
血の苦手な方は画像をクリックしないでね。

グレード3の重症の会陰ヘルニアですので、今回は開腹して膀胱をお腹の中に戻し、大腸や輸精管を腹壁に固定して、膀胱が再脱出しないようにします。
お腹を開けたら案の定、血だらけです{#emotions_dlg.133}
P1090701.JPG

そして戻した膀胱も血だらけ(壊死)です。
赤黒いのが膀胱です。本来であれば膀胱はうすピンク色ですので、とても激しい炎症が起きているのでしょう。
1/3ぐらい膀胱の正常構造が残っているので、このまま回復してくれるよう祈りながら手術を進めていきます。
膀胱の上に見えるのが大腸です。縫合糸で腹壁と縫い合わせて固定することで膀胱が再脱出するのを防ぎます。
P1090714.JPG

ココから先は、従来通りの両側の会陰ヘルニア手術です。
一番固定が強固なメッシュ法を行いたい所ですが、術前の検査でも血が固まりにくい事が分かっていましたし、お腹の中にも出血が見られたので、出血の多いメッシュ法は避けてみました。
洞穴のように見えている所がさっきまで膀胱が脱出していた所です。
P1090740.JPG

左、右両方手術します。
P1090749.JPG

術後、血尿が止まらなかった危ないな….と思っていたのですが、だんだん薄くなってきました!
P1090753.JPG

P1090754.JPG

DSC_0063.JPG


そして今回はもうひとつ重篤な問題が…..

お腹の中にあるべき膀胱が反転して肛門の横、筋肉の隙間から外に飛び出すというのは、本来であればありえないことです。
膀胱を支えている周囲組織や神経も同時に損傷していますし、大量に作られた血栓が脊髄への栄養血管に詰まったり足の動脈に詰まったり…..と、いろいろなトラブルが想定されます。

予想通りと言うべきか、術後、排尿マヒと後肢マヒが出ました。
後ろ足の膝が曲げられずに伸びきっているのがお分かりでしょうか?
椎間板ヘルニアのときにもよく見られる症状です。
DSC_1261.JPG

こういう時は…..リハビリです!

自分はあんまり整形外科に参加しないので、リハビリもほとんどしたことが無かったのですが今回は宮本先生に教えてもらってリハビリにチャレンジです。

DSC_1223.JPG


支えてあげないと後ろ足がすべって立てない状態です。
DSC_1228.JPG


リハビリをしだして足の滑りにくい所では短時間ですが自力で立てるようになり、数歩歩けるようになってなんとか食欲も出てきたので、飼い主さんにリハビリのトレーニングをして一時退院となりました。

一週間後の検診でどのくらい歩けるようになったかな….と思っていたら。

20140429002749.jpeg
普通に立ってます!


ていうか、走ってます{#emotions_dlg.098}!!
20140429002847.PNG
おしっこも普通に出るようになったので、これで治療は終了となりました!
ココまで治るのに1ヶ月かかりました。
ほんとうに頑張ってよかったです…..

実はチーズちゃんの後、会陰ヘルニア手術が4件続いたのですが、この子が一番重症でした…..{#emotions_dlg.113}
他の子は2〜3ヶ月ヘルニアが出っぱなしになってから、セカンドオピニオンでいらっしゃった方ばかりなので、膀胱脱出型の会陰ヘルニアがどれだけしんどくて、どれだけ緊急疾患か、本当に実感させられた子でした…..

フルフル

2014.04.27

犬の歯石取り

こんにちは{#emotions_dlg.163}
オオバマッキーです{#emotions_dlg.003}

今回は先日我が家のワンちゃんが歯石取りを行いましたので
ご紹介しますWink

今年で7歳になった私の愛犬ぷっちくん(柴Mix犬){#emotions_dlg.160}
とても愛らしい我が子ですが7歳になりお顔周りが白くなってきました{#emotions_dlg.148}
歳をとるのは早いな〜と実感させられます{#emotions_dlg.133}人間に例えると44歳です{#emotions_dlg.133}

DSC_0189 19.37.52.JPG

犬猫は人に比べると、虫歯になりにくいですが、お口の中には細菌がいます。

歯石、歯垢の付着により口臭がひどくなったり、歯周病を患ったり、さらには
ひどくなりますと全身の健康に悪影響を及ぼすこともあります。

私の愛犬も健康維持のために、定期的に歯石取りを行っています{#emotions_dlg.037}

ワンちゃんで特に歯石が着きやすい歯が、
上下の犬歯・奥歯になります。

ちょうどうちの愛犬くんも着きやすい所に歯石がついています{#emotions_dlg.151}

before
20140415143332.jpg

aftere
20140415143422.jpg

こんなに綺麗になりました{#emotions_dlg.053}

後は、今後のこの白い歯とどのように付き合えば良いのか{#emotions_dlg.153}

そうです。歯磨きですね{#emotions_dlg.005}
なかなか犬の歯磨きは難しいですがお口を触らせてくれる子は
是非歯磨きをおすすめします。

お口を触らせてくれない子は、歯みがきガムや歯磨き粉
などを使用し、お口と健康のために向き合っていきましょう{#emotions_dlg.016}

当院で歯磨きグッズをたくさん販売していますので
お時間ある時に受付を見てみて下さい。

DSC_6410.JPG

なかなか毎日は正直難しいですが、ぷっちくんも歯磨きできますよ{#emotions_dlg.150}
始めは歯磨きになれませんでしたが、おいしい歯磨き粉で褒めながら
続けると上手にできるようになりました{#emotions_dlg.150}褒め上手がしつけ上手です{#emotions_dlg.150}


7歳になり、肺の衰えや、胆嚢に異常所見が見つかったりなど
いろいろ発見しました{#emotions_dlg.133} 歳にはかなわないですね{#emotions_dlg.060}
これからも私の相棒としてまだまだ元気で一緒に過ごして
いきたいので1日でも長く健康を保てるようにサポートしていきます{#emotions_dlg.156}

DSC_0194 19.37.52.JPG

ぷっちくんもやっと家に帰れると安心しきった顔をしています{#emotions_dlg.126}

大きいのに抱っこが大好きな甘えん坊ぷっちくん{#emotions_dlg.158}
みんなに中型犬なのに抱っこ姿勢が上手すぎやろっと
いつも言われます{#emotions_dlg.129} 飼い主が完全に甘やかしてます{#emotions_dlg.170}

歯石取りは当日の夕方には家に帰れます{#emotions_dlg.015}
気になった方は予約制になりますので、まず当院にご連絡下さい。
オオバマッキーでした{#emotions_dlg.016}

こんにちは  河野です。

皆様のお手元にハガキは届きましたでしょうか?