パル日記(月別一覧)

今回紹介する病気は男の子に存在する副生殖腺と言われる前立腺についてです。
前立腺は未去勢のワンちゃんで、年齢とともに大きくなってきます。
大きくなると痛みを伴ったり、炎症を起こしたりするので、
当院では若いうちに去勢手術を勧めています。

今回紹介するワンちゃんは、突然の排尿困難と排便困難でした。
エコー検査にて前立腺が嚢胞を形成し、おしっこの通り道とウンチの通り道を
圧迫していました。

エコー検査で黒く楕円状みえます
20140529142025.png


この場合、内科療法で治療がうまく行かない場合,
外科的処置になります。
幸い段々と腫れは引いていきました。

治療1週間
20140529142157.png


治療2週間(縮小)
20140529142227.png

治療3週間(消失)
20140529142250.png



このワンちゃんの場合は事無きをえて良かったですが、前立腺の病気は結構怖いものが
多いです。去勢後にこういった状態になるのは珍しいですが、未去勢のワンちゃんは
この症例と近い状態になりやすいので、下腹部の痛みや排尿排便困難のサインには
十分注意して下さいね。

二宮

こんにちは、獣医師の宮本です。

今回は、前回紹介しました”慢性腎臓病”で、ちょっと注意が必要な小型犬について紹介します。

前回、慢性腎臓病は血液検査でステージ分類をすると紹介しましたが、実は、小型犬は少し
違う事が分かっており、小型犬は、腎臓病になってもクレアチニンが上がりにくい事が分かって
います。

?クレアチニンって・・・、急に出てきましたが、クレアチニンは筋肉が作り出す物で、腎臓で
濾過されます。なので、腎機能が低下すると、身体に残ってしまうので腎臓病の数値として利用
されています。

小型犬は大型・中型犬に比べ筋肉量が少ないので、腎臓病になったとしても、クレアチニンが
上がらない事がある、
こんにちは、お久しぶりです。獣医師の宮本ですSmile

日中は汗ばむくらいのあつさですねCry
20140528152826.jpg

今回は、高齢の子たちに多い病気、“慢性腎臓病”ついて紹介したいと思います。

慢性腎臓病は、腎臓に慢性的な病変が存在し、腎臓の機能が低下する病気です。
獣医界では、IRIS(International Renal Interest Society)が犬と猫のステージ分類を提唱して
いて、⬇の表のように病気の進行度合いを“血液検査”で分類しています。
20140528151505.png

ステージが進むほどに悪くなることはすぐにお分かりになるかと思いますが、ステージ2でも
実は、腎機能が7割も落ちている状態なので、見つかった時点で何かしらの対処が必要に
なってきます。健康診断などで、結構偶然見つかる事もありますので、要注意です!

症状としては、まずは、多飲多尿が出てきて、それから悪化していくに連れて、食欲不振、嘔吐、
毛並みが悪くなる、脱水、貧血などの症状が出てきます。最終的には、腎機能がほとんど
なくなってしまい、“尿毒症”という状況に陥り亡くなってしまいます。

治療法については、療法食、血圧のコントロールや蛋白尿の制御、リン吸着剤、輸液、水素水
などがあり、病期によって戦略が異なります。

今回は特に療法食について、紹介していきます。

腎臓病の子たちにとって、普段の食事で気をつけないといけないものは、塩分(ナトリウム)、リン
、蛋白質です。これらは痛んでしまった腎臓をさらに痛めてしまう恐れがあるため、これらを
なるべく抑えた食事をとる事が推奨されています。⬇
20140528143410.png


では、実際の所どのくらいの差が出てくるかなのですが、ある研究論文では、腎臓病をもっていて、
通常食を食べている子たちに比べ、療法食を食べている子たちの方が断然長生き出来たよ、という
結果が犬、猫ともに出ています。


もちろん、療法食は味が・・・なかなか食べてくれないCry。ということがあり、そこであきらめて
しまう方もいらっしゃるかと思います。ただ、根気づよくいろんな製品が出てますので試していく
と意外とこれはたべた!ていうのが見つかる事が多いですので、ぜひぜひがんばってみてくださいSmile

宮本


こんにちはジョンです!
最近、部屋をきれいにしようと頑張っていますがなかなか片付けが出来ないですSurprised
何かいい収納法や掃除の仕方などありましたら教えて下さい{#emotions_dlg.001}

今回はパル動物病院に来られている患者さんを少し紹介したいと思います!
可愛い顔をしたこの子はレックス君です{#emotions_dlg.003}
5月15日で14歳の誕生日を迎えました。
{#emotions_dlg.002}
happy birthday{#emotions_dlg.002}おめでとうございます{#emotions_dlg.150}
DSC_1163.JPG

写真に写っているのですが
注目してほしいのはこのおしゃれな首輪・リードですCool
すごく似合っていますよね!
DSC_1161.JPG
実はこの首輪・リードは、お父さんの手作りだそうです{#emotions_dlg.028}
革細工がお父さんの趣味らしくこの首輪には蜘蛛の絵柄が入っています。
すごく良く出来ていて初め聞いたときは私もびっくりしました{#emotions_dlg.116}

他にもサソリバージョンもあると言われていました!!
ぜひ今度サソリバージョンも紹介したいと思います{#emotions_dlg.004}


ではこの辺でジョンでした。


こんにちは〜

今回はダンクちゃんです。

なかなかこのタイミングでは会う事ができない貴重な出会いをさせて頂けたので、

カメラを向けさせてもらいました。

やく1ヶ月後の来院にも会えたので、パチリ

成長してますね〜  次に会えるのがとても楽しみです。

それまでには、たくさんの経験をしてるので、もっともっと色々な感じで成長してるのでしょうね

河野でした

2014.05.22

糖尿病とは

ちょうど今の時期はフィラリア検査で来院される方も多く、そのときに健康チェックとしての
血液検査を行うことも多くあります。

今回は、この検査によって血糖値が高く、追加検査によって糖尿病と診断する機会があったので、
犬の糖尿病についてのせてみよう思います。{#emotions_dlg.074}

犬の糖尿病とは、インスリンの減少、インスリンに対する細胞の感受性の低下いずれかのため、
グルコース(糖)を体内で利用出来なくなる病気です。

インスリンは膵臓という器官から分泌されていて、血液中のグルコース(糖)を細胞内に取り込む
働きをしています。
しかし、インスリンの働きが弱まってしまうと、本来細胞の中に入っていくはずの糖が血液中に
残ったままになり、血液中の糖濃度が高くなってしまいます。この状態を高血糖といい、長期的に
続くと体のいたる所に障害を起こします。

では、血糖値が高いと何で行けないのでしょう?

血糖の高い状態が続くと合併症を引き起こすからです。
高血糖が長く続くと主に血管と神経に障害が出てきます。そして合併症が起こってくる臓器はいずれも
インスリンがなくてもブドウ糖がどんどん入ってきてしまう臓器になります。
具体的には、腎臓、眼(網膜)、神経です。犬では腎症、網膜症、白内障がみられ、猫では神経障害に
よる後肢の起立困難が見られます。

これらの合併症を予防するために糖尿病では、食事療法を行い、インスリンの導入をお勧めします。

犬の糖尿病の主な症状
*水を大量に飲む          
*食べる量が増える
*食べるのに体重減少
*おしっこの量や回数が増える
*腹部がふくれる
*白内障(眼が白くなる)
糖尿病ケトアシドーシス など

糖尿病ケトアシドーシスとは、糖尿病が長期化した結果、血中のケトン体が増加し、様々な障害を
引き起こした状態をいいます。症状は急に現れるのが特徴で、主な症状は
*食欲不振
*水を飲まなくなる
*嘔吐
*下痢
*昏睡
です。虚脱状態になると、死に至ることもあります。

治療しないまま放置しておくと、犬の糖尿病は腎不全や失明をおこす可能性があり、また細菌や
真菌感染症に対する抵抗力が低下して、肝臓や膀胱の病気を発症することもあります。

1歳以下の子犬が糖尿病になる割合はわずか2~3%で、大部分が6歳以上の犬で占められています。

少し気になるなあ、ということがあれば一度健康チェックしてみませんか?
飼い主様の不安や疑問を解くカギとなるものが見つかる糸口になれればと思います。{#emotions_dlg.170}

マエダ





2014.05.22

蚊の季節

ナイスデーナフコに買い出しにいったら、ものすごく凝った蚊退治コーナー発見!
20140522091312.JPG

パルでも蚊に咬まれて感染する病気、フィラリアの予防を開始しましたCool
そして残念な事に、春のフィラリア検査でフィラリア感染が確認されたワンちゃんが何人かみつかりました{#emotions_dlg.113}

フィラリアは九州の犬であれば感染する可能性がとてもとても高い病気です。
『去年予防薬飲みそこねたけど、1回飲み忘れただけだから大丈夫かな?』
『室内飼いだし大丈夫かな?』

.……大丈夫じゃないです{#emotions_dlg.142}
フィラリア予防薬を飲んでいない期間に感染したフィラリア虫体は、ジワジワとワンちゃんの体の中で育っていって、気がついたら心臓に悪さしていた……..
とならないためにも、必ずかかりつけの獣医さんできっちり検査して今年の予防をぜひ!がんばりましょう。

獣医の心臓病の第一人者である竹村先生はこうおっしゃってました。

『心臓病を予防する薬はない。でも、唯一あるとしたら、それはフィラリア予防薬です。
飼い主さんがフィラリア予防してあげる事で、少なくともフィラリア感染症からひきおこされる右心不全は予防する事ができるのです』

フルフル



こんにちは、日高です{#emotions_dlg.158}
前々回ブログで紹介させていただいた我が家の新入り
セイラちゃんですが、すくすく成長しています{#emotions_dlg.059}
今月で4ヶ月になりますが体重は10㎏近くあります。
大型犬の成長は早いものだと改めて感じます(*_*)

そして、混合ワクチンも全て終わったので念願の
お散歩デビューをすることが出来ました{#emotions_dlg.001}少し前から
首輪に慣れるようにはしていたのですが、いざ
外に出てみると怖くてなかなか歩いてくれません(;o;)
少しずつ距離を伸ばしたり声をかけたりして、
今はチェリーちゃんを追う様に歩いてくれています{#emotions_dlg.063}

外にも慣れてきたのか楽しそうに走っていますSmile{#emotions_dlg.156}
20140520152527.jpg

先日は当院の「パピークラス」に参加させて頂き、
他のわんちゃんたちと触れ合うことができました♪♪
最近、お座りと待てが出来るようになって今は
お手の練習中でしたが、見事に練習の成果を発揮して
くれました!我ながら感動してしまいました(;O;)

お手は覚えてくれた様子でご飯の時は必ずします!
この前はチェリーちゃんと一緒にしてくれましたKiss
20140520152615.jpg
2匹もお互い少しずつ慣れてきて一緒に遊んだり
していますがまだチェリーちゃんが怒ってしまいます。
早く2匹でお昼寝できるようになって欲しいです♪

1匹増えて大変ですが、毎日楽しく過ごしています{#emotions_dlg.170}
20140520152716.jpg

日高梨子でした( ^ω^ ){#emotions_dlg.170}








せいいっぱい背伸びして、診察中のお兄ちゃんを励ましてくれています{#emotions_dlg.100}
可愛いです。

DSC_2420.JPG

フルフル
こんにちは
もうすぐ産休に入ってスタッフのみんなに会えなくなるのが
寂しくてたまらないオオバマッキーです{#emotions_dlg.074}


今回は犬のお散歩の大切さについてみなさまにお伝えします。


そもそもなぜみなさまは愛犬をお散歩に連れて行きますか?

{#emotions_dlg.074}みんな連れて行っているから?
{#emotions_dlg.074}排泄をさせるため?
{#emotions_dlg.074}運動不足の改善?
{#emotions_dlg.074}コミュニケーションの一環として?
{#emotions_dlg.074}犬が行きたがるから?
{#emotions_dlg.074}仲良しのお友達に会えるから?


各家庭で様々な理由があるかと思います。20140516150454.JPG


ここでみなさまに認識して頂きたい事は、犬にとってお散歩とは、
餌の次、か餌よりも犬にとって大切なイベントとゆうことです。


犬は本来、見知らぬ場所に行くと緊張してしまい、静かになったり興奮したりします。
自分にとって馴染みのある場所は、飼い主と暮らす家であり、そこが犬にとって
落ち着ける場所で、狭い意味で『縄張り』になります。

また、犬は散歩コースで、他の犬に出会ったり匂いを嗅いだりして、犬社会の親睦を深めます。
散歩コースは広い意味で『共通の縄張り』なのです。


散歩は犬にとって食事と同じくらい大切な生きがいなのです。

その生きがいを減らしてしまえば……

{#emotions_dlg.074}刺激の少ない生活になる
{#emotions_dlg.074}表情が貧しくなる
{#emotions_dlg.074}臆病な犬になってしまう
{#emotions_dlg.074}些細な刺激で過敏に興奮してしまう子になるかも



散歩で大事な事は、単に犬の欲求不満を解消するためだけではなく、
犬本来の探索心や好奇心を育み、健康的な生活を送るために大事なのです。

人間も家ばかりに引きこもるとストレスが溜まりますよね?
それと同じ事です。
家の中ばかりの生活だと、外の環境に出た時にどうしたら良いのか
分からなくなってしまいます。
犬同士の挨拶や一緒に遊び方も分かりません。


私も愛犬を散歩によく遠賀川まで連れて行きますよ{#emotions_dlg.156}
うちの子は恐がりですが、お散歩は大好きみたいです{#emotions_dlg.003}
少ないですがお友達も何匹かいます{#emotions_dlg.126}
20140516145632.JPG

今まであまりお散歩に行けていない方も、この機会に行く頻度を
増やして頂けたら嬉しいです{#emotions_dlg.051}
オオバマッキーでした