パル日記(月別一覧)

7月の獣医師出勤表を更新させて頂きました!

暑さが本格的になってきましたね!
7月の獣医師出勤表です。

7/6と7/20は半日手術集中日のため、7/13と7/27は院内会議のため午後休診とさせて頂きます。

※クリックすると拡大します

2017.7月分

まったくもって私事ですが、つい先週うちの柊が椎間板ヘルニアになりました(>_<)

IMG_0538IMG_0539

ひとくくりに『椎間板ヘルニア』とよく聞く病名ですが、実は椎間板ヘルニアはグレード(病気の程度、段階)によって治癒率、治療法が全然違ってくる病気です。

いちばんよく見かける胸腰部の椎間板ヘルニアで説明すると
グレード1:痛みのみで麻痺が無い状態。歩行可能。
グレード2:歩行可能だがフラフラ歩く。
グレード3:麻痺が出て、後ろ足を引きずって前足だけで歩く
グレード4:3の症状に加えて自分の意志で排尿ができなくなる
グレード5:最も深刻な状態。深部痛覚消失(後ろ足の指の間をつまんでも痛みを感じれない)

グレード1,2は内科治療(お薬や点滴、注射)と安静がメインの治療法になりますが、グレード3以上は手術がいちばん治癒率が高い治療法になってきますのでCTやMRI撮影で病変の部位や、手術可能な状態かを判断する必要が出てきます。

柊は数年前にもグレード1の椎間板ヘルニアやっていて今回再発になりますので、今回の症状的にはグレード2になります。

土曜の晩に帰宅してみたら痛みでうずくまってほふく前進していたので、あわてて薬飲ませて一晩絶対安静。翌日日曜日に出勤するときに連れて行って血液検査とレントゲン撮って、そこから内科治療と安静と関節炎の注射(けっこうひどい関節炎持ちなので)が効いて月曜日にはだいぶ痛みが減って普通の生活がおくれるようになりました(・。・)
あと2週間は油断せずに安静にしないといけませんが、ちょっと安心しました(>_<)

IMG_0553

蛇足になりますが、椎間板ヘルニア様症状がでる病気は他にもいろいろありまして、注意深く飼い主さんのお話を聞いたり、わんちゃん本人の様子をしっかり見て検査しないとホントの病気を見失ってしまうこともあります。

過去には椎間板脊椎炎(背骨に細菌感染が起こって骨が溶けてくる病気)、脊髄腫瘍、脳炎、脳腫瘍、心臓腫瘍、などで同じ症状が出たことを診たことがあります。
椎間板ヘルニアかな?と思っても血液検査、レントゲン検査、場合によっては心臓エコー検査をすることもあるのは他の病気との鑑別(区別)をしっかりするためだとご理解ください。

ちなみに6月は椎間板ヘルニアの発症が多い月でした(>_<)
グレード5の患者さんにふたり遭遇しまして、幸いふたりとも手術後、自力で歩いて退院してくれたので本当に嬉しかったです。緊急手術をお願いした院長、二宮先生、そしてMRI検査してくださった海ノ中道動物病院の杉山先生に感謝します♡

フルフル

最近、日中は汗ばむくらいの暑さになってきましたね。
このくらいの気温になってくると、お散歩でも気をつけていただきたいことがあります。
それは、足元の気温!つまりコンクリートの熱さです!
散歩に行く時に風があって人間は涼しくても足元のコンクリートからの照り返しで
ワンちゃんが歩く、低い位置の温度はまだ高い時があります。
IMG_0319
熱いコンクリートの上を靴を履いていないワンちゃんが歩くと
肉球を火傷してしまうことがあります。
火傷してしまうと皮が剥けてしまったり出血してしまって
歩くのに支障がでてしまうかもしれません。
それだけは、避けてあげたい!
ワンちゃんは自分で熱い場所を避けて歩くわけではないので
散歩に出る時には一度しゃがんでみて、ワンちゃんの高さでも暑くないのか
もし触れるならワンちゃんの歩く場所を一度触ってみて、
熱すぎないか確認してから散歩に行ってあげてください!
IMG_0315
以上、片岡でした。
看護師の長冨です(^^)
先日、宮本先生と浦野さんと一緒におさゆき参りに行ってきました!このメンバーで行くのは初めてでしたのでとても新鮮でしたw
IMG_9618
この日はお天気が良くて、おさゆきは山奥のような場所なので涼しいかなーと思っていきましたが結構暑かったです(><)3人で日焼けしちゃう〜なんていいながら(笑)共同墓地でのお参りを済ませ、パルのお墓を掃除しに行きました!
IMG_9619
こちらパルのお墓を綺麗にしている浦野さん。墓石も日に当たってアッツアツでした(゜д゜)!!ここに眠っているパルの家族達もこの暑さで夏が近づいているのを感じていることでしょう…
IMG_9621
お花も生けて豪華になりましたヽ(^0^)ノ
みんな喜んでくれてるといいな〜と思っております♪
それでは、ながとみでした〜!