獣医師日記

最近髪を40センチバッサリ切ってさっぱりしているフルサワですヽ(^o^)丿
飼い主さんたちからは『いったいどうしたの?』とビビられてますが、念願だったヘアドネーション(髪の寄付)のために切っただけですのでご安心を。切られた髪は小児がんなどで医療用かつらを必要とする子供たちのために使われる予定です★
せっかくなんでビフォーアフターの画像をヽ(^o^)丿

IMG_1660

さて本題に戻りますが、最近猫の良性乳腺腫瘍、線維上皮性過形成の患者さんを治療する機会があったのでご紹介します。

猫の乳腺腫瘍は犬とは大きく違ってその80%が悪性腫瘍というとてもおそろしいがんです。小さいしこりでも大変悪性度が強いものです。

今回紹介する乳腺の線維上皮性過形成は猫にしてはめずらしく良性の乳腺腫瘍になります。がしかし、良性とはとても呼びづらいくらいその見かけはとんでもなく派手です。
下の画像をみればお分かりになるかと思いますが…(>_<)

IMG_2875

IMG_2876

約5㎝大のしこりが左右1,2,3乳腺すべてに発生して、さらに炎症感染を伴っているこわい状態です(>_<)
ですがこれは良性の線維上皮性過形成ですので、時間はかかりますが適切に治療すれば快癒します。

治療1か月後の画像が↓です。キレイになりました☆

IMG_3237IMG_3233

IMG_3242

実はこの子、近医でしこりを針生検後、悪性の乳腺腫瘍と診断されていたのですが、セカンドオピニオンで当院へいらっしゃって良性の線維上皮性過形成と診断・治療したものです。
こういうまぎらわしい腫瘍があるということを知識として知っておくのは大切なことですね。

フルフル