獣医師日記

2017.10.09

Trick or Treat!!

看護師さんたちがいつも猫たちとかぶりものでふれあってていいな~と常々思っているフルサワです(^.^)/~~~
柊だと市販のガチャガチャかぶりものでは頭のサイズが合わないので作ってみたのですが、ついでに他にもいくつか作ってみたので、せっかくならハロウィンコスプレコーナーにしちゃえ!というわけでこの連休中に飾り付けしてきました(^○^)

IMG_3180

この場所は自動受付の左側をみたらなんとなくわかると思います♡
ここで写真撮影できるようにいろいろ工夫してますので恥ずかしがらずにぜひチャレンジしてみてください(^o^)/
こんなのやあんなのが置いてあります ↓

IMG_3007IMG_3030 (2)

ただどうしても恥ずかしいってシャイなあなた、駐車場の車の中や、トイレなんかにもかぶりもの&マント持ち運んでいって撮っていただいて大丈夫です。でもご自宅に持って帰るのだけはご遠慮くださいね♡一生懸命作ったので。

IMG_3196

フルフル

最近手術のブログをごぶさたしてて申し訳ありません。手術が少ないのではなく、シャレにならない手術が多くて忙殺されておりました….
ちょっと落ち着いてきたので、先月させて頂いた手術のなかからいくつかご紹介します。

患者さんは10歳10か月のホワイトペキニーズのオポちゃん♡
以前顔写真をブログで出させていただいたことがあるので見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。
もともと持病が多い子でアトピー、膀胱結石、薬剤アレルギー(ペニシリン系抗生剤と注射麻酔薬の一部にアナフィラキシーショックが出るタイプです)今年の春からは自己免疫性血小板減少症で治療がんばっていただいてようやく落ち着いてきたところだったのですが…..ある日の定期検診の時に飼い主のお姉さんの『なんかちょっと今日様子おかしいんよね』の一言で、詳しく調べてみたら….
なんと尿管に結石がつまって腫れ上がってました。しかも発熱(;一_一)

抗生剤治療で炎症と発熱はおさまったのですが、尿管の腫れはとれなかったので結石を手術で取り除いてあげないといけません。
看護も麻酔も治療も、万全のアレルギー対策を考えたうえでの手術になりました(>_<)

まずはエコー画像。左の画像に腎盂(腎臓から尿管につながるところ)が15㎜と右の画像に尿管が10.5㎜ほどに黒く拡張してみえています。正常であればどちらもエコー画像にはほぼ見えないものなのでかなり腫れています!

FullSizeRender (10)FullSizeRender (9)

エコーではここまでしか見えませんが、CTにするとぐっと詳しくお腹の中の様子を見ることができます!

FullSizeRender (11)

なんと尿管には3個もの結石がつまってました(>_<)
分かりやすいようにイラストに描いて、摘出した結石を添えて術後に飼い主さんに説明したときのものがこちら↓ 左腎臓・左尿管・膀胱を切開して結石を摘出しています。シャーレとイラストの上に置いてあるのが実際にオポちゃんから摘出した結石です。

IMG_3515

ここからは手術画像になります。
※注意※血が苦手な方は見ない方がいいかもです(>_<)

綿棒で指し示しているところが結石の詰まった尿管です。直径5ミリほどでしょうか。

IMG_3490 (3)

指で尿管を支えながら切開して結石を取り出していきます。親指と人差し指でつまんでいるところに薄黄色の結石があります。

IMG_3496IMG_3497

次は尿管をそのまま開いたまま左腎臓を切開して腎盂内の結石を摘出します。

CTでも結石は腎盂内にとどまっていて腎盂の拡張が著しかったので、今回は腎盂切開による結石摘出を行っています。

IMG_3500

開けたままにしていた尿管から細いカテーテル(管)を腎臓に向けて入れていって尿管・腎臓内に残った小さな結石を洗い流します。尿管が上の腎臓側にも下の膀胱側にも詰まっていないことを確認してから髪の毛よりも細い縫合糸で尿管を縫います。
下の画像で尿管を縫ってますが….糸、見づらいですね(;一_一)

IMG_3505

腎臓尿管縫合終了しました。(膀胱も切開して結石摘出してます)

IMG_3506

あとは鎮痛をしっかりして数日入院します。

IMG_2425

今回は恐れていたアレルギーやアナフィラキシーショックも出ず、免疫介在性血小板減少症も再発せず元気に退院していただけましたヽ(^o^)丿オポちゃんがんばったね!

フルフル

 

 

 

はじめまして!
4月からパルに入社しました獣医師の池田碧(いけだみどり)です。
3月に鹿児島大学の獣医学科を卒業しました。
出身が熊本なので、福岡に住むのは初めてです。自転車でうろうろしたり、お散歩で新しいお店や道を発見するのが好きなのでここに行っておいた方がいいよ!というのがありましたらぜひ教えていただければと思います!
入社して3ヶ月ですが、動物さん達や飼い主さんに少しでも力添えできるようにこれからも精一杯頑張っていきますのでよろしくお願いします。
DSC_0969
池田

皆さんはPEGチューブ(胃ろうチューブ)、またはPEG-J(経胃空腸チューブ)という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?
わんちゃんやねこちゃんでは腎不全や口・食道・喉頭・胃腸などのがん闘病期に、食事が口から食べ辛い場合に、胃や腸へ直接食べ物を届けてあげるための栄養サポートとしてこれらのチューブを使うことがよくあります。

パルではMILA PEG(バンパー型)、ガストロボタン(バルーン型)、マッシュルームカテーテル、そして空腸チューブの4タイプを疾患に合わせて使い分けてます。
今回は胃に大きな疾患があった患者さんにPEG-Jを使うことになったので、胃へのチューブの刺激を避け、空腸に直接ごはんを通せるようにちょっと工夫してみました。

IMG_2886IMG_2887

大きいサイズのマッシュルームカテーテル(PEG チューブ)の中に細く長い空腸チューブを通しダブルカテーテルを製作してみました。
下の図は人間のPEGとPEG-Jです。今回設置したのは右の図のようなイメージでと思っていただけたらわかりやすいかもしれません。

FullSizeRender (7)

PEGチューブはお腹を手術で開けずに内視鏡で設置することが多いのですが、今回は胃の疾患の切除生検も兼ねていたので開腹下で行っています。

PEGやPEG-Jを設置した場合、体の左側、ちょうど胃のあたりでチューブを体の外に出して外からごはんをチューブに注入してあげるのですが、このチューブを装着したときは長く使うのが目標になるので、チューブをひっかいたりかんだり引っこ抜いてしまわないように防御するためにはエリザベスカラーではなくペグチューブ用のポケット付きお洋服を着て頂くことが多いです。

よくお勧めするのがオーダーメイドの犬の洋服屋さん みかんとリンゴのお店。サイズ測定して色柄選んで可愛いピッタリのペグチューブ服を作ってくださいます(ねこちゃんも対応してくださってます)
今回は以前ブログで紹介した飼い主さんから寄贈していただいた手作りPEGチューブ服がサイズがぴったりだったので、ちょっと手直しして使っていただきました。
チューブもダブルチューブで重くて長めなので、チューブ収納ポケットを100円均一の大きめのポーチを使ってカスタマイズしてます。
(ちなみに着用モデルはマネキンと柊です(;一_一)

IMG_3017

IMG_1828

ポーチと服の間にチューブを通すトンネルを作ってます。

IMG_3018IMG_0566

IMG_3297IMG_0563

フルフル

 

 

最近髪を40センチバッサリ切ってさっぱりしているフルサワですヽ(^o^)丿
飼い主さんたちからは『いったいどうしたの?』とビビられてますが、念願だったヘアドネーション(髪の寄付)のために切っただけですのでご安心を。切られた髪は小児がんなどで医療用かつらを必要とする子供たちのために使われる予定です★
せっかくなんでビフォーアフターの画像をヽ(^o^)丿

IMG_1660

さて本題に戻りますが、最近猫の良性乳腺腫瘍、線維上皮性過形成の患者さんを治療する機会があったのでご紹介します。

猫の乳腺腫瘍は犬とは大きく違ってその80%が悪性腫瘍というとてもおそろしいがんです。小さいしこりでも大変悪性度が強いものです。

今回紹介する乳腺の線維上皮性過形成は猫にしてはめずらしく良性の乳腺腫瘍になります。がしかし、良性とはとても呼びづらいくらいその見かけはとんでもなく派手です。
下の画像をみればお分かりになるかと思いますが…(>_<)

IMG_2875

IMG_2876

約5㎝大のしこりが左右1,2,3乳腺すべてに発生して、さらに炎症感染を伴っているこわい状態です(>_<)
ですがこれは良性の線維上皮性過形成ですので、時間はかかりますが適切に治療すれば快癒します。

治療1か月後の画像が↓です。キレイになりました☆

IMG_3237IMG_3233

IMG_3242

実はこの子、近医でしこりを針生検後、悪性の乳腺腫瘍と診断されていたのですが、セカンドオピニオンで当院へいらっしゃって良性の線維上皮性過形成と診断・治療したものです。
こういうまぎらわしい腫瘍があるということを知識として知っておくのは大切なことですね。

フルフル