看護師日記

2017.12.09

ぬっくぬく♡

日に日に寒さが厳しくなってきますね・・・!

今回はとても暖かそうにやってきてくれたシンノスケ君です!

DSC_0895

飼主様のコートの中でぬくぬく・・・♡

とても暖かそうで、ご満悦なシンノスケ君(*^^)v

DSC_0897

いつも名前を呼ぶと元気に反応してくれます!

これからも仲良くして下さいね(*^_^*)

 

アッキー

2017.12.04

健康診断 !

こんにちは
最近は朝晩の冷え込みが一段と
増してきましたね
乾燥がさらに酷くなるので、直していた加湿器を慌てて引っ張り出して来た大庭です
さて、今回はみなさまにお知らせもこめて
わんわんドッグ、にゃんにゃんドッグ
をご紹介をします。
あまり普段聞きなれないフレーズですが
何をするかというと、全身を検査し
トータル的に良し悪しを発見するのが
1番の目的です
まさに人間ドックの犬猫バージョンなのです
当院では通常価格ではなく、セット料金
でご案内しておりますので、高齢の方や
見た目健康そうだけど、そう言えば今まで
血液検査なんてしたことないな〜と
思われてる方には特にオススメです❣️
最近では室内犬が増えたり、ワンちゃんに
手をかける飼い主様がたくさんいらっしゃる
ので、見た目年齢が若く見える子が多いです
ですが、見た目が若くても内臓機能は
年々衰えていきます
ワンちゃんは、7歳以上から高齢期に
入りいわいる老犬の部類になります。
言葉では話してくれない我が子の変わりに、検査が答えを出してくれます
私も一飼い主として、愛犬が検査で異常が
なければ毎回ホッとします
IMG_2042
↑もーすぐ11歳になる私の愛犬です❤
お電話でもご予約をお取りできますので
気になる方は是非是非スタッフに聞いてね
大庭でした。
こんにちは、寒くなり朝起きるのが苦になってきた看護師の小柳です( ´ ▽ ` )ノ
突然ですが今日は点眼のポイントをお話ししようと思います‼
早く症状を改善するためにも、目薬をきちんとさしてあげたいところですが目薬を嫌がる子はとても多いと思います‼
愛犬が怖がって逃げてしまったり、顔をブンブン振って嫌がるから、うまく目薬を使えないなど、飲み薬のように、食べ物に混ぜたり出来ないからこそ、飲み薬とはまた違う難しさを感じると思います‼
普段、点眼を行うときはどのようにされていますか?
鼻先をガシッと握ったり、正面からさそうとしたりしていませんか?
ついやってしまいそうが、それは実は嫌がるやり方なんです(・Д・)
ポイントとしては、
・後ろからさすこと
・目薬を見せないこと         です‼
やり方はいくつか方法はあると思いますが、一つ例として、
1.飼い主さんに背を向けてオスワリをさせる
2.目薬を持った手を愛犬の頭に置き、小指の辺りを使って上まぶたをしっかりと引き上げる
3.目薬の容器の先端を目尻に近付け、目薬をさす
もう1人補助がおられる方は、おやつなどで気をそらせておくのもいいかもしれません‼
その子その子によってあったやり方もあると思うので色々試されてみてください(^。^)
また、他のやり方など知りたい方は気軽に先生や看護師に声をかけてください‼
モデルは供血猫のモノホシ君です!
とても大人しいので目薬もラクラクでした(*^^)v
DSC_0996 DSC_0998
こんにちは!かなり寒くなりました..
節約のためにと暖房・コタツ我慢中の若杉です笑
コタツが恋しい、と思うのは動物も同じようです
IMG_4245
パルスタッフ田辺さんの愛犬、トアちゃんです
コタツの中で幸せそうですね(  ´ω` *)
皆さんのご家庭でも見られる光景かなと思いますが、
長時間入りっぱなしだとこんな危険も
⚠️脱水や熱中症(乾燥)
→人でも言われることはありますよね!
コタツは遠赤外線を利用しているので体内まで
温められて脱水などの症状を起こすことがあります。
特に皮膚の弱い子は乾燥肌の促進要因にもなってしまいます。
⚠️やけど
→低温やけどや、
コード類を噛むくせがある子では感電による口内のやけどなどの可能性もあります。
代表的な例を挙げましたが
あくまで長時間居続けた場合の話で、
大体の子たちは自分で体温調節等のために
出たり入ったりをしてくれるので
絶対入れないように、なんてことはありません
予防策もご紹介
*高齢の子でじっとしている/意地でも動かないような子
→コタツのどこか一箇所でもいいので開けて、外の空気を入れてあげる。
ずっと開けっ放しでなくてもたまに
こたつ布団を持ち上げて空気を入れ替えてあげるだけでも◎
→ペットの子がコタツに入ってきたら
温度を下げる(もしくは一旦スイッチOFF)
*コード類の噛みグセのある子
→カバーの取り付けを徹底。
可能ならコタツの中には入れないようにして
保温マットなどを用意した方が安心ですね。
飼い主様がたまに様子を見てあげるだけで
変化に気付けることが多いので
ぜひ気にかけてあげてくださいね
大事なペットの子たちと
ぬくぬくな冬をお過ごし下さい(*´꒳`*)❄️
以上、若杉でした~⛄️
看護師の長冨です(。・ω・。)
最近受付にもちょこちょこいるのですが、診察以外の場で皆様とお話できて新鮮な毎日を過ごしています✨
突然ですが…性格って何で決まると思いますか?人でも育て方だとか生まれ持ったものだとか色々聞きますが、ワンちゃん達はどうでしょう?
よく犬種によって『○○な性格』と聞きませんか?私もよく○○なのに大人しいなぁ〜とか思ったりしてしまいます。しかし犬種だけでは性格は決まりません!“そういう性格の傾向がある”ということですね。実際同じ犬種同士でも性格は違いますよね!
では何が性格に関係するかというと、“遺伝”と“環境”が影響して決まると言われています!!
毛色や体格など親犬から遺伝するように、性格の半分は遺伝によって決まるそうです。最近の研究ではどんな遺伝子が関係しているのか、ということまで分かっているようです
半分は遺伝、では残りの半分は環境です。これには
①飼い主様の飼い方
②飼い主様の影響
③親犬や兄弟犬と過ごした期間
が関係していると言われています。
①は甘やかして育てればワガママに、叱られることが多ければ臆病だったり逆に攻撃的な性格になってしまうことも(><)
②は飼い主様の性格がのんびり屋さんだとおっとりさんな子に育つんだとか!ワンちゃん達も飼い主様を見て育つんですね☺️逆にワンちゃん達の前でよく夫婦喧嘩や兄弟喧嘩をしていると、攻撃的な性格になってしまうかもしれません( ˙_˙ )
③はワンちゃん達は子犬のうちに親や兄弟と過ごしてたくさんの事を学びます。早い時期から飼い主様の所へやってきたワンちゃん達は、飼い主様が親代わりとなって外の刺激や他人、他のワンちゃんとのふれあいを持たせてあげることが大切です♪
こうして見てみると、ワンちゃん達の性格は飼い主様次第で結構左右されるようです(゚O゚)
『飼い主に似る』ということでしょうか☺️
我が家にはヨーキーが2頭いますが、性格は異なります。果たして2匹とも誰に似たのでしょうか…
IMG_0685
ながとみ

先日に引き続き、またまた可愛らしい姿のご紹介です!

つい最近誕生日を迎えたシンノスケくん(*^_^*)
声をかけるといつも大喜びしてくれます!

DSC_1151

一見真っ黒なお洋服・・・でも背中には・・・!?

DSC_1136

可愛い羽がありました\(^o^)/

フードがついてましたが苦手なようです(-_-;)

DSC_1137

シンちゃん、これからもよろしくねー!

 

 

アッキー

こんにちは!ここ数日一気に冷えてきましたね・・・!

風も強いですし、皆様お気をつけ下さい!

最近ホームページの画像表示の不具合が時々起こっているようです。
その都度修正はさせて頂いてますが、最適な環境が整うにはもう少しかかりそうです。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 

なのでホームページの更新ができず、載せることができなかったハロウィンのお写真がもう少しあります!
時期外れてしまいましたが、とても可愛らしいですよ~(*^^)v

 

パル日記でお馴染み、ラムちゃん、モカちゃん、ノアちゃん、テンちゃんです!

DSC_1125

とても衣装持ちですね~!みんな個性が出ていて、素敵です♡

DSC_1131 DSC_1055

毎回お会いするのが楽しみです♪

 

 

アッキー

こんにちは。最近、おいしいコーヒーを求めてコーヒーショップに頻繁に通ってしまう片岡です。 しかも、コーヒーによく合うお菓子も豊富でついつい手が伸びてしまいます…

お菓子に寄られてわんちゃんが足元へ来たりしますよね。 我が家の子もお菓子の袋の音・匂いに敏感ですぐに走ってきます! もちろん人の食べ物を与えるのはダメですが、 「一緒にコーヒータイム楽しんだ!うちの子も美味しそうにしていた!」 そんなはずはありません!!

コーヒーにはカフェインという成分が含まれていて、脳に影響して興奮状態になります。 人も寝る前に飲まないようにといわれますよね。 もっと小さいワンちゃんが摂取すると危ないです。 コーヒー以外にも、紅茶・ウーロン茶・緑茶にもカフェインは含まれているので こぼしてしまったら、すぐ拭き取って舐めないように気をつけましょう!

IMG_0449

懐かしのお◯犬シリーズですね。
以上、片岡でした。

2017.11.14

メロメロ♡

こんにちは!本格的に風が冷たくなってきましたね・・・!

風邪もかなり流行ってます(-_-;)今年のは胃腸にくるらしいですよ・・・!お気をつけ下さいね。

今回はとっても可愛い患者さんです!

DSC_0987変更

reaちゃんの仔犬ちゃんたちです!生後10日で検診にきてくれました(*^_^*)

あまりの可愛さに先生もメロメロ・・・♡

DSC_0989変更

体重を測ったり、心音や口腔内に異常が無いか確認させて頂きました!

DSC_0990変更 DSC_0991変更

先天性の異常も無く、みんな元気で良かったです(*^^)v

成長が楽しみですね~!

 

アッキー

2017.11.12

成長…‼

こんにちは!
姉がディズニー好きなこともあり、毎年ディズニーに付き合わされてるハマーです( ´ ▽ ` )ノ
でもディズニー…本当に夢の国だなと毎回感じます♡
お客さんもキャストさんもみんなが笑顔というのはすごく幸福感を感じるのだなと毎回思います。
ハマーも日々笑顔で頑張りたいと思います!
さて今回は、前回ご紹介した私と同じ誕生日になった帝王切開で生まれた子犬たちの成長をお届けします♡
早くも生まれて1ヶ月以上経ちました⭐︎
するとかなり大きさも変わるもので…
DSC_0937
こんなに大きくなりました‼︎
もう自分たちでカゴに手をかけられます( ^ω^ )
性格も出てきていて、それぞれ思い思いに動いていましたw
DSC_0960
お母さんのおんぶも安定感バツグンです♡♡
この後新しい家族のところに行ってしまうそうなので、三人揃っての検診は今回が最後でした(/ _ ; )
新しい家族のところでも幸せに過ごしてもらえることを祈ってます⭐︎
動物の成長は人よりも断然早く、年をとるのももちろん早いです。
確実と言っていいほどに私たちよりも早くにいなくなってしまう…。
なので一緒に入れることが当たり前と思わず、一緒に過ごせる毎日を大切に過ごして欲しいです。
また、可愛いからと安易に飼ってしまうとこの子たちは幸せに過ごしていけないかもしれません。
命の重さは人間と全く変わりません。
飼うときはこの子たちが生きれるであろう最大15~20年の人生を共に過ごしていくということを考えた上で決めてあげてください。
まだまだ捨て犬・捨て猫が0にはならない時代です。
しっかり考えて新しい家族を選んでいただければと思います。
それではハマーでした@ ‘ェ’ @