当院でできること

一般診療

examination_img1


獣医療は全科診療です。ヒトのようにいくつもの科に分かれて おらず、すべての病気を診察できることが求められます。当院は全科診療を実施しております。


その内容はワクチンやフィラリア、外部寄生虫予防、避妊去勢 手術などの予防医学や、消化器や泌尿器、循環器、呼吸器、耳鼻咽喉疾患、歯科、産婦人科や小児科、高齢者医療、エキ ゾチックアニマル(ウサギ、小鳥、ハムスター等)など多岐にわたります。


日常診察にスタッフ全員が十分対応できるよう、セミナーや学 会、実習に参加し、日々努力しております。


また、一般診察では対応し難い疾患についても専門医・大学教 授レベルとの協力体制をとれるようネットワークを構築しております。


その中でも特に専門の知識・技術が必要とされる以下のような 科に当院は特に力を入れています。


治療例を見る

腫瘍科

examination_img3


予防医学の発達や食事内容の向上により、ペットも長生きがで きる時代になってきています。高齢化すると腫瘍性疾患にかかりやすくなるのはヒトもペットも同じです。腫瘍はペット にとって特殊な病気ではなくなってきています。


当院では、獣医腫瘍科認定医が飼い主様と十分に相談しなが ら、患者ひとりひとりに最善とおもわれる治療を行っています。


[診断]
視診や触診など、一般的身体検査に加えて、血液検査、画像診 断(超音波検査、レントゲン検査、内視鏡検査、CT,MRI)、生検(腫瘍そのものを注射針や器具ですこし採取し て、腫瘍の種類を調べる検査)、ペットの体にかかる負担を軽減するための腹腔鏡を用いた生検等を行い、病理組織学的検査で確定し、どういった種類の腫瘍なのか、良 性なのか悪性なのか、どの治療がいちばんふさわしいのかを考えていきます。
(MRI検査に関しては専門病院との連携をとらせて頂 きます。)


[腫瘍科治療例【外科的治療】]
いわゆる『手術』による治療です。
外科的治療の魅力は、一度で腫瘍の量を大きく減らすことがで きる(減容積手術)、腫瘍の種類によっては外科だけで完治することができる点です。
麻酔、疼痛管理を十分に行いながらペットへの負担を最小限に なるような手術を行うことを心がけています。


[腫瘍科治療例【化学療法(抗がん剤治療)】]
リンパ腫や組織球肉腫など抗がん剤に反応の良い腫瘍や、
悪性 腫瘍の手術後の再発抑制のために抗がん剤を使用することがあります。
患者ひとりひとりの状態に合わせてベストな投薬 計画を選択し、飼い主様に納得いただいてから抗がん剤治療を行います。
抗がん剤と言うと『つらい』『吐く』『毛が抜ける』など、あまり良いイメージを持たれないと思いますが、その副作用の大半は抗がん剤の特性をよく理解し、事前に副作用を防止するような治療を併用することで避けることが可能です。
抗がん剤に対してご不安がある方は、ささいなことでも担当医 とよく相談されてみてください。


[腫瘍科治療例【緩和療法】]
残念ながら治せないがんもあります。
それでも、飼い主様と少しでも長く、幸せにペットが一緒にいられるお手伝いをさせて頂くのが緩和療法です。
がんの痛みをやわらげる鎮痛剤や栄養管理、免疫を上げるための漢方薬やサプリメント、
がんが原因の不快な症状、吐き気や下痢、発熱、呼吸の苦しさを落ち着かせる治療等があります。


治療例を見る

皮膚科

examination_img5


皮膚病は日常診療で最も診察する機会の多い疾患かもしれません。すなわち、飼い主様が最もよく出 会う可能性がある病気とも言えます。その原因は多岐にわたり、様々な症状を引き起こします。単一の原因であることもあります が、二つ以上の原因による複合疾患の場合もあります。そのため、当院では、見落としがないようきちんと手順を踏んだ検査と、 その結果に基づいた治療を、心がけています。


診察室では、問診の時間を多く取ります。皮膚のトラブルに対しては、食生活、散歩コース、飼育環 境、シャンプーの仕方や種類など、日常生活にその原因が密接に関わっていることが多いからです。また、治療に関してもその改 善が必要になることがあるからです。


[検査]
皮膚病の診断をするための第一歩は、感染の有無を調べることです。皮膚の細胞や病原体を検出する 顕微鏡下での検査、培養検査が行われます。感染が認められない場合は、内分泌検査や自己免疫反応を検出する検査(IgE検査、リンパ球反応検査)、皮膚生検が考慮されます。


また、感染が認められるのに抗生剤が効かない場合は、抗生剤の感受性テスト(検出される菌に対し て21種類の抗生剤がどの程度有効かを調べる検査)も行うことが出来ます。


[皮膚科治療]
皮膚病の第一選択治療は、シャンプー療法です。それぞれの疾患に合わせた薬用シャンプーが選ばれます。
次いで、内科療法が行われます。感染に対しては、抗生剤、抗真菌剤、消炎剤、駆虫薬など。
内分泌疾患には、ホルモン調整剤。
自己免疫疾患には、免疫抑制剤、免疫調整剤などが選ばれます。
また、食生活も皮膚に与える影響は大きいので、適した療法食の処方も平行して行われます。
しかし、これらの療法は必ず全て行われるものではありません。飼い主様の許される時間の中で行えること、お薬の特性、ペットの性格、経費など、獣医師とよく話し合いをした上で、治療法は選択されていきます。


治療例を見る

内分泌科

examination_img6


内分泌とは、体の内部に向けて放出されるホルモンによ り、体の発育や神経系、栄養素の管理等に作用し、生体恒常性の維持調整がされるものです。これが病的状態になると、様々なアンバ ランスが生じ、多用な疾患を引き起こします。平たく言うと、皮膚炎が起きたり、脱毛したり、飲水量が増えたり、無症状であった り、活動性が低下したり、・・・様々です。内分泌疾患を発見するためには、一定の症状がないため、どのような病気が存在するか、 また、それを診断するために、どのような検査を行うべきかを把握していなければなりません。


内分泌疾患は、他の疾患のもう一つの原因になっている ことがあります。治らない皮膚病、筋肉の虚弱によるヘルニア、インスリン抵抗性の糖尿病、心疾患、肝酵素の上昇など、内分泌疾患 を治療することで、他の疾患の治療をより成功に導くことにも繋がります。


[検査]
甲状腺ホルモン、副腎ホルモン、電解質、血糖値を血液 検査で測ります。また、エコー検査により、標的組織(甲状腺、副腎、生殖器)の評価も行います。治療はホルモンの調整になるので、これらの検査は定期的に反復して評価すべきです。


[内分泌科治療例【代表的な疾患】]
甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能低 下症、副腎皮質機能亢進症、糖尿病、性ホルモン過剰、尿崩症、上皮小体機能亢進症、など。


治療例を見る

眼科

examination_img4


眼科の症状は時間がたち過ぎてしまうと、視界を失うこ ともあるため、軽微なうちに早めに診療することが大切です。


眼の疾患といっても、眼球周囲(眼瞼や瞬膜)の疾患、 眼の表面(角膜や結膜)の疾患、眼球内の構造物(虹彩・水晶体・硝子体・網膜)の疾患などさまざまです。


当院では、比較眼科学会に所属し、眼科診療の基本を身 につけた獣医師が「細隙灯顕微鏡(スリットランプ)」「眼圧測定器」「双眼倒像鏡」などの眼科検査機器を用いて、早期診療を行っています。


[診断]
視診や一般的検査に加えて、必要な眼科検査を行い、角膜疾患や白内障、緑内障など、どの部分がどのような状態なのかをしっかり説明した上で、どの治療がいちばん適切かを考えていきます。


[眼科治療例【内科的治療】]
点眼薬や内服薬による治療です。
診断の結果、必要なものの使用法などわかりやすく説明していきます。


[眼科治療例【外科的治療】]
点眼薬や内科的治療で回復しない角膜疾患や緑内障、眼 瞼や瞬膜の疾患に対する「手術」による治療です。
眼の疾患は患部が微小箇所に及ぶことも多く、眼科手術用顕微鏡・眼科手術器具などの機器を用意し、 最善を尽くせるように心がけています。
白内障に関しては、検査・診断は行っています。
手術が適用な場合、あるいは飼い主さまが手術を希望される場合は、白内障の手術の可能な動物病院をご紹介させて頂くことができます。


治療例を見る

耳鼻科

examination_img7


当院の耳鼻咽喉科では、難治な外・中・内耳道炎を主に治療をおこなっております。その他、動物では観察しにくい咽喉頭や鼻咽頭などの病変も精査できます。


[検査・診断]
検耳スコープ
検咽喉頭スコープ
細径スコープ
各種細胞診
細菌感受性試験
病理組織学的検査
デジタルレントゲン、CT、MRI
(CT,MRIに関しては、専門病院と連携をとらせていただきます)


[治療]
耳鼻科ユニットを用いて、特に鼓膜付近の耳垢洗浄、抜毛、薬剤注入をおこないます。
必要に応じ、外科(外耳道切開、耳道切除)、
耳道・咽喉頭・鼻咽頭の慢性炎症には、コブレーションをおこないます。


治療例を見る

歯科

20140208234247-thumb-800x688-6678


お口の臭いや歯のぐらつきだけに留まらず、口腔内の状態は全身に影響する可能性もあります。歯に付いている歯石はバイキンと食べカスの塊です。歯石に触れている歯茎が赤くなっていたら歯周病のサインです。早めに治療すれば歯を抜かなくていい場合もあります。


当院の歯科は歯科ユニットと歯科用レントゲンに加え、特殊な歯科器具で歯周ポケットも処置できます。スケーラーで歯石を除去、ポリッシャーと研磨剤で磨き、炎症を起こしている歯茎には口腔内用の抗生剤軟膏を塗りしっかりとケアします。


年齢を重ねていればその分口腔内のトラブルが起こる確率は高くなっているのが現状です。子犬の頃から少しずつお口を触られることに慣れさせましょう。


歯茎が炎症を起こしていたり、歯石が付いている状態ではなかなかお口を触らせてくれません。またお薬で炎症を引かせることはできても根本的な治療にはなりません。お口が気になったら早めにご相談ください。


治療例を見る

麻酔科

DSC_6396-thumb-800x537-5506-thumb-800x537-5507


当院の麻酔科では、個々の患者様の病態に最も適した麻酔方法を選択し、可能な限り安全な麻酔下での手術をおこなっております。手術時には専任の麻酔担当者がつくシステムとなっております。


【術前検査】
手術当日には、患者様が安全に麻酔(手術)を受けられるかどうかを、血液検査、胸部レントゲン検査、心臓エコー検査、心電図検査、血圧測定を実施し、総合的に判断します。


【術前評価】
検査結果を基に、
ASA分類(American Society of Anesthesiologist)に従い、
クラス1~5に術前状態を分類し、
麻酔(手術)に対する危険度(リスク)を高度に把握し、その患者様に最も適した麻酔計画をたてます。
この段階で、問題がみつかれば、緊急を要していない患者様に関しては、当日の手術予定を中止し、問題点の改善を優先させることもしばしばあります。改善を確認後、後日、より安全な麻酔(手術)をお受けいただくことができます。


【麻酔方法】
吸入麻酔(自発呼吸下、CPAP、SIMV)
オピオイド併用マルチモーダル鎮痛麻酔
全静脈麻酔(TIVA)
脊髄硬膜外麻酔
浸潤麻酔
鼓膜麻酔


【生体情報モニター監視】
ECG、パルスオキシメーター、カプノメーター、観血・非観血式血圧計、麻酔ガス濃度計、換気量・気道内圧・P-Vループ計


【担当者の声】
俗に言われる、
獣医師「お年寄りだから麻酔は無理・・・・・」
ご家族「でも、なんとかして欲しい!!」
このギャップが、当院のセカンドオピニオン来院率を上げている要因でもあります。


当然、基礎疾患保有率が高く、代償能力が低いのがお年寄りの特徴ですが、ひとくくりに「お年寄りだから・・・」で済まされることの多い獣医業の現状に終止符をうちたい思いで、当院では日々、麻酔技術の向上に努めております。不可能を可能に・・・との思いのもと。


治療例を見る

整形外科

examination_img2


近年、小型犬種(トイ犬種;チワワ・トイプードル・ ヨークシャーテリアなど)が多く来院されています。


整形外科分野での疾患としては、橈骨尺骨骨折(前肢の 骨折)と膝蓋骨脱臼(膝のおさらがはずれる病気)が多くを占めています。


また、大型犬種(レトリバー・ロットワイラー・バー ニーズマウンテンドッグ・シェパード)などにおきましては、股関節形成不全をはじめとして、前肢・後肢の、特に成長期に関わる関 節疾患、後肢の膝の靭帯損傷(特に前十字靭帯損傷)が多くを占めています。


上記以外にも、様々な整形外科分野の疾患に対しましても当院では対応できる体制を備えています。


〔診断〕
視診、触診、歩様観察などの跛行診断を主軸 に、各々の疾患に対して必要と考えられたときは、デジタルレントゲン、関節内視鏡、CT、MRI検査を実施させて頂きます。
(MRI検査に関しては、専門病院との連携をとらせて頂きます)


〔整形外科治療〕
インフォームドコンセント(飼い主様への説明 と理解)を最大限優先し、各々の疾患に応じて外科・内科的治療を適用します。


治療例を見る

リハビリ科

DSC_1263-thumb-800x537-6825


近 年、獣医療においても理学療法、リハビリテーションの重要性が認識され、多くの学会、研究が成されてきています。リハビリテーションを行う対象疾患として は、整形外科の回復期、椎間板ヘルニアなどの神経疾患、慢性関節炎などの慢性疾患です。まれに、ダイエット目的で水中運動を行うこともあります。当院で も、この時代のニーズにあった獣医療を提供するべく、様々な道具、機器を利用して、リハビリテーションを行っています。


マッサージ療法
筋肉の張りをとり、血流を改善させ、痛みの緩和にもなる。また、精神的かつ身体的リラックス効果があります。


運動療法
整形外科や神経疾患の患者さんの歩行機能の改善のために行います。
屈伸やストレッチなどの私たちが行う他動運動や、補助起立、補助歩行などの補助下で行う自動運動、水中トレッドミルや水泳、散歩などの自動運動を行います。当院では、バランスボードを使った起立訓練や、水中トレッドミル専用の機械を用いた水治療を主に行っています。トレッドミルの様子です⇒2013/5/10のパル日記


物理療法
寒冷療法、温熱療法、超音波療法電気刺激療法など様々な方法がありますが、当院では、主に寒冷療法、温熱療法を行っています。整形外科の術後は、術部の腫れや熱感、痛みを取るために、冷却したアイシングパックを用いて患部を冷やし、術後の回復期や、慢性関節炎などの慢性疾患の時に、ホットパックを用いて患部を温めて血行促進や痛みのケアを行います。


このように、様々な手法、道具を駆使してその患者さんにあった、"オーダーメイド"のリハビリ計画を一緒に考え実施して行きます。ただし、これらリハビリ テーションを行うに当たって、ご自宅でマッサージ、屈伸運動などをやっていただく必要があるため、オーナー様のご協力が必要となります。逆に言うと、オー ナー様が自らできる数少ない治療行為になりますので、皆様には積極的に、楽しくやって頂いているのが現状です。


それでは、実際にリハビリテーションを行った症例について紹介します。


治療例を見る

内視鏡検査

DSC_91452


当院では内視鏡による検査、処置を行っております。


食道や胃、腸などの消化管を開腹することなく内部の粘膜を目視で診察することができます。また異物の除去や粘膜の一部を採取して病理検査に出すことも可能です。


開腹に比べて体の侵襲が少なく、負担も軽くなります。


治療例を見る

CT検査

CT


時代の流れにより、獣医療においてもCT検査は欠かせないツールとなっており、まだ数は少ないですが大学病院以外の施設においてもCT検査を行えるようになってきました。


 当院では、2015年3月のCT導入時より「どうぶつCT検査部」を立ち上げており、大学や2次医療施設でCT検査を学んだ獣医師2名がCT撮影、読影、診断を行っております。


[検査機器]
CT検査機については、獣医療では最新鋭の16列ヘリカルCTを導入しており、より迅速な診断と、患者様に優しい低被爆での検査を可能にしています。また、自動造影剤注入装置により腫瘍診断には欠かせない3相造影が可能です。診断時に使用する画像診断ソフトは獣医療専用のAhmics-VAZEを使用しており、より鮮明な3D構成と迅速な診断を行っております。


[CT検査実施例]
CT検査は、瞬時に何百枚のレントゲンを撮影し、それらをつなぎ合わせて3次元で臓器の状態などを把握する検査です。腫瘍の広がりや転移の有無の確認、骨折状況の把握や血管異常の検出など様々な用途で活躍します。基本は麻酔下での検査を実施していますが、リスクが高い患者様や撮影のターゲットによっては無麻酔でもCT撮影を行っております。


【実際の症例】
■脳腫瘍
■鼻腔内腫瘍
■縦隔腫瘤
■肝臓腫瘍
■腹腔内腫瘍
■肺転移
■骨折
■後頭骨形成不全
■PSS


治療例を見る

腹腔鏡手術

DSC_0311


腹腔鏡手術はお腹に小さな傷を2~3箇所つけてそこからスコープやグラスパーといった器具を挿入し、モニターを見ながら行う手術法です。術創を小さく抑え、術後の痛みの軽減や早期の回復が見込めます。


避妊手術などにおいては痛みの原因となる卵巣、子宮の牽引を行わずに手術することが可能です。


治療例を見る

分院でできること