パル日記

検診に来て下さった患者さんです♡
龍のバックプリントがワイルドでしょう<`~´>

IMG_3009IMG_3015

ふるふる

こんにちは!本格的な夏がどんどん目前に迫ってますね・・・!
海にプールに花火にお祭り・・・夏は楽しいことがいっぱいです!

実は当院でダイエットフードのキャンペーンを始めることになりました!
それに伴って、ご希望の方はスタッフと一緒に体重管理の計画をたてて、ダイエットをしてみよう!という動きをしています(*^_^*)

体重を書き込む表やフード別のダイエット計画表など・・・わかりやすくかつ、がんばれるような物を考えておりますので、興味のある方はぜひ、フロアスタッフの秋永まで声をおかけください~!

一緒に理想体重を目指しましょう!

 

アッキー

今回はひさびさの帝王切開の患者さんです(^○^)

チワワ、フレンチブルドック、ブルドックなど、人間が可愛い顔や体型を追及して品種改良してきた犬種の子は、その可愛い大きい頭蓋骨のせいで大変難産になりやすいのです。
これらの犬種の子たちは、もしわが子に子犬を産ませてみたい!となった場合は人間並みの妊娠期のこまめな検診と計画的帝王切開手術の計画を立てていくことが赤ちゃんと母体の命を守るいちばんの近道になります。

今回の子もフレンチブルドックです。
すでに計画的帝王切開の予定を組んでいたのですが、手術予定日2日前の検診にいらした日の夕方、様子がおかしいとのことで連絡がありすぐ連れてきていただきました。
微弱陣痛、一次破水が起きた状態で、胎児の心拍も下がってきていましたので今からすぐ手術しましょう!という判断になりました。

画像は帝王切開前の様子です。麻酔投与前に術前検査や点滴以外にも、お腹の剃毛や消毒、新生児蘇生セットの用意などできる限りの手術準備を済ませてしまいます。

IMG_3084

今回はお母さん犬の鎮痛と精神安定も兼ねてフェンタニルという麻薬で鎮静、プロポフォール注射麻酔で気管挿管後、セボフルレンガス麻酔で赤ちゃんを取り出すまで維持麻酔してます。
プロポフォールもセボフルレンも短時間で体内で代謝されて消失される麻酔薬ですので、おなかの赤ちゃんへの影響を最小限にすることができます。
人間の帝王切開では腰椎麻酔による局所麻酔が一般的ですが、腰椎麻酔に使用するリドカインにアレルギーを持っている女性には今回のわんちゃんのような麻酔を使うそうです(・。・)

出産直後に子犬たちは息をし始めて、お母さん犬のお腹を縫い終わる頃には元気な鳴き声を上げてくれてました。むっちりこっちりの可愛い3きょうだいです。

IMG_3085

手術翌日もとくに問題なかったとのことで、2日後の検診時にはおっぱいをたくさん飲んで順調に体重の増えた赤ちゃんたちが顔を見せてくれました♡

IMG_3102

帝王切開成功の秘訣は、手術のタイミング、飼い主さんの観察力、手術・新生児蘇生スタッフとのチームワークにかかってます。今回はいち早く鎮痛の兆候を見つけて連絡してきてくださったことがいい結果に結びつきましたヽ(^o^)丿よかったです!

ふるふる

ご挨拶が遅くなり申し訳ありません。4月から入社した、動物看護師の小栁信太朗です‼︎
今回は軽くですが自己紹介をさせて頂きます。出身は福岡市早良区で、博多にある専門学校で3年間学んできました‼︎
1年前から研修で当院にお世話になっていたので、見たことのある方もおられるかもしれません
入社し3ヶ月過ぎましたが、先生や先輩方に支えられ日々勉強中です‼︎
まだ、動物看護師として未熟ですが動物達や飼い主様を元気に、そして笑顔になっていただけるように、必死に頑張っていこうと思います‼︎
大型犬が大好きで毎日、病院の子たちに癒されています‼︎
特にシロがお気に入りです笑
いつも近寄ると、撫でてと近寄ってきてくれ、自分の癒しになってくれています
IMG_2467
シロのことを愛してやまない小栁でした。

先日の豪雨、皆様大丈夫でしたか?
今日出勤するときにセミが鳴いてました!セミの声を聞くと梅雨もあけるなぁと感じるのは私だけでしょうか(笑´∀`)

今回はとっても可愛いおしゃれをしてきてくれたノエルちゃん!

DSC_0749

頭にご注目ください!

DSC_0750

とっても可愛いですよね~!

毛を引っ張ることがないので、本人も嬉しそうです(*^_^*)

次はどんなピンで来てくれるのか楽しみですね!

 

アッキー