パル日記

台風に大雨・・・天気が優れない日がよくありますね(-_-;)

今回は小さい頃にブログ、仲良しさん(^ω^)に登場して頂いた子です!

しらすちゃんと
DSC_0847

もずくちゃんです!

DSC_0848

幼い頃は一つのキャリーに仲良く入っていましたが、ここまで立派に成長したのでさすがに二人で一つに入るのは物理的に厳しいですね(>_<)

DSC_0850

赤い方は二人で入ってたキャリーですね

二宮先生が挨拶にいくとどうにかこうにか顔を出してくれたもずくちゃんです(*^_^*)可愛い

DSC_0842

 

アッキー

 

最近暑くなってきて、車のエアコンが効くまでに時間がかかり
職場に着くまでに汗をかいてしまいます。
さて、先日可愛い兄弟ネコちゃんがワクチンに来てくれました!
IMG_0371
エキゾチックショートヘアとペルシャのMIXです!
2人ともワクチン頑張ってくれました!
私はネコちゃんには詳しくないので検索してご両親を拝見させていただきましたが、
この子たちはどちらにも似ていてとても可愛らしいですね!
大きくなるのが楽しみです(*´꒳`*)
片岡でした。
こんにちは!
最近周りにバンド好きが増えてきて
喜んでいる若杉です笑
ここ数日暑い日が続いていますね(>_<)
皆さん体調にお気をつけ下さい
先日の診察で院長先生と思わず感動したものが…✨
Image
こちらなんと、飼い主様お手製のカラーなんです!
クリアファイルを切ってワンちゃんのサイズに合わせて
繋ぎ合わせたそうで。。
発想力と器用さが羨ましいです。。✨
さらに!
Image
折りたためるんです
使わない時も邪魔になりません
このカラーを付けたロッティちゃん
可愛いです
Image
こんなグッズもあるよ!という方は
ぜひ教えてください
以上、若杉でした

2017.08.11

夏の男!!

こんにちは、8月に入り朝から日差しが強いですね。
その日差しに、自転車通勤の私の肌はじりじり、じわじわ焼かれ…少し日焼けした黒瀬です( ー̀ωー́ )✨
今回は、私が週に1日勤務している飯塚パル動物病院(分院)で見つけたイケメンわんちゃんをご紹介いたします!!!
この日私が作業をしていると、なにやら隣の診察室から「可愛いー❤️」という声が聞こえてきました。
なんだろう?
さらに代わる代わる獣医さんや先輩方がその診察室を訪れるので、ますます気になります(*´∵`*)
我慢できず私もちらっと覗いてみると、そこには・・・
IMG_9406
麦わら帽子をかぶったチャチャ丸くんがいました❤️
撮影中も麦わら帽子を嫌がることなく、ポーズをきめてくれるチャチャ丸くん!
可愛いー(*´꒳`*)❤️
おや?チャチャ丸くんの体をよーく見ると、お祭りでよく見かける赤と青、白色のお洋服を着ているではありませんか!上から撮影した写真がこちら。
IMG_9407
背中には「氷」の一文字が!!
麦わら帽子に「氷」のはっぴ!これぞまさに、夏の男!!
チャチャ丸くんのイケメンぶりと堂々とした佇まいに惚れ惚れ❤️した黒瀬でした。
撮影にご協力いただきましたチャチャ丸くんと飼い主様、ありがとうございました
飯塚パル動物病院のホームページがこちらです
こちらもぜひご覧になって下さい✨

最近髪を40センチバッサリ切ってさっぱりしているフルサワですヽ(^o^)丿
飼い主さんたちからは『いったいどうしたの?』とビビられてますが、念願だったヘアドネーション(髪の寄付)のために切っただけですのでご安心を。切られた髪は小児がんなどで医療用かつらを必要とする子供たちのために使われる予定です★
せっかくなんでビフォーアフターの画像をヽ(^o^)丿

IMG_1660

さて本題に戻りますが、最近猫の良性乳腺腫瘍、線維上皮性過形成の患者さんを治療する機会があったのでご紹介します。

猫の乳腺腫瘍は犬とは大きく違ってその80%が悪性腫瘍というとてもおそろしいがんです。小さいしこりでも大変悪性度が強いものです。

今回紹介する乳腺の線維上皮性過形成は猫にしてはめずらしく良性の乳腺腫瘍になります。がしかし、良性とはとても呼びづらいくらいその見かけはとんでもなく派手です。
下の画像をみればお分かりになるかと思いますが…(>_<)

IMG_2875

IMG_2876

約5㎝大のしこりが左右1,2,3乳腺すべてに発生して、さらに炎症感染を伴っているこわい状態です(>_<)
ですがこれは良性の線維上皮性過形成ですので、時間はかかりますが適切に治療すれば快癒します。

治療1か月後の画像が↓です。キレイになりました☆

IMG_3237IMG_3233

IMG_3242

実はこの子、近医でしこりを針生検後、悪性の乳腺腫瘍と診断されていたのですが、セカンドオピニオンで当院へいらっしゃって良性の線維上皮性過形成と診断・治療したものです。
こういうまぎらわしい腫瘍があるということを知識として知っておくのは大切なことですね。

フルフル