パル日記

こんにちは!
最近は短頭種好きも浸透してきて、
飼い主さんの方からお声掛け頂けるほどの知名度にもなってきました、ハマーです( ´ ▽ ` )ノ
今回もみなさんお待ちかね‼︎短頭種です♡
パルの午後の受付は15時半からなのですが、そんな中診察受付順番待ちが天使たちでハマーは幸せだったのです♥
まずは、元気いっぱいのフレンチのラブちゃんです‼︎
DSC_0333
この日も元気一杯でチューしてくれるのも激突覚悟ですw
速すぎて一眼カメラでもピントが合いませんww
DSC_0325
オハナちゃんは人に近づくのも慎重派でチューも恐る恐るといった感じです(^◇^)
DSC_0306
慣れてくると元気に接してくれるのです( ^ω^ )
このように病院には同じ犬種でも様々な性格の子が来院し、元気な子・状態の悪い子・怖がりな子とたくさんいます。
なので、小さいお子様や他のわんちゃん・ねこちゃんが大好きな子の来院でも、
周りの子達は苦手かもしれませんし、最悪噛まれたり逃走したりと大惨事になる可能性もあります。
 
そこで、お約束していただきたいことがあります!
⭐︎小さいお子様が他のわんちゃん・ねこちゃんに触らないよう、目を離さないでください。
 お子様は相手が動物が故に怖がっていることに気づくのが遅れてしまいます。怪我をする可能性が高いです。
 また小さい子供のように急な動きをするものを動物は警戒します。
⭐︎他のわんちゃん・ねこちゃんが大好きな子であっても接触させるのは飼い主様に確認を取った上でゆっくり行ってください。
 臆病なわんちゃん・ねこちゃんはかなり多いです。急に近づいて喧嘩になり問題になるケースもあります。
以上の点を守っていただいて、みなさんが快適に過ごせる空間を提供できればと日々考えております。
どうぞご協力をお願いします。
では、ハマーでした@ ‘ェ’ @

7月の獣医師出勤表を更新させて頂きました!

暑さが本格的になってきましたね!
7月の獣医師出勤表です。

7/6と7/20は半日手術集中日のため、7/13と7/27は院内会議のため午後休診とさせて頂きます。

※クリックすると拡大します

2017.7月分

まったくもって私事ですが、つい先週うちの柊が椎間板ヘルニアになりました(>_<)

IMG_0538IMG_0539

ひとくくりに『椎間板ヘルニア』とよく聞く病名ですが、実は椎間板ヘルニアはグレード(病気の程度、段階)によって治癒率、治療法が全然違ってくる病気です。

いちばんよく見かける胸腰部の椎間板ヘルニアで説明すると
グレード1:痛みのみで麻痺が無い状態。歩行可能。
グレード2:歩行可能だがフラフラ歩く。
グレード3:麻痺が出て、後ろ足を引きずって前足だけで歩く
グレード4:3の症状に加えて自分の意志で排尿ができなくなる
グレード5:最も深刻な状態。深部痛覚消失(後ろ足の指の間をつまんでも痛みを感じれない)

グレード1,2は内科治療(お薬や点滴、注射)と安静がメインの治療法になりますが、グレード3以上は手術がいちばん治癒率が高い治療法になってきますのでCTやMRI撮影で病変の部位や、手術可能な状態かを判断する必要が出てきます。

柊は数年前にもグレード1の椎間板ヘルニアやっていて今回再発になりますので、今回の症状的にはグレード2になります。

土曜の晩に帰宅してみたら痛みでうずくまってほふく前進していたので、あわてて薬飲ませて一晩絶対安静。翌日日曜日に出勤するときに連れて行って血液検査とレントゲン撮って、そこから内科治療と安静と関節炎の注射(けっこうひどい関節炎持ちなので)が効いて月曜日にはだいぶ痛みが減って普通の生活がおくれるようになりました(・。・)
あと2週間は油断せずに安静にしないといけませんが、ちょっと安心しました(>_<)

IMG_0553

蛇足になりますが、椎間板ヘルニア様症状がでる病気は他にもいろいろありまして、注意深く飼い主さんのお話を聞いたり、わんちゃん本人の様子をしっかり見て検査しないとホントの病気を見失ってしまうこともあります。

過去には椎間板脊椎炎(背骨に細菌感染が起こって骨が溶けてくる病気)、脊髄腫瘍、脳炎、脳腫瘍、心臓腫瘍、などで同じ症状が出たことを診たことがあります。
椎間板ヘルニアかな?と思っても血液検査、レントゲン検査、場合によっては心臓エコー検査をすることもあるのは他の病気との鑑別(区別)をしっかりするためだとご理解ください。

ちなみに6月は椎間板ヘルニアの発症が多い月でした(>_<)
グレード5の患者さんにふたり遭遇しまして、幸いふたりとも手術後、自力で歩いて退院してくれたので本当に嬉しかったです。緊急手術をお願いした院長、二宮先生、そしてMRI検査してくださった海ノ中道動物病院の杉山先生に感謝します♡

フルフル

最近、日中は汗ばむくらいの暑さになってきましたね。
このくらいの気温になってくると、お散歩でも気をつけていただきたいことがあります。
それは、足元の気温!つまりコンクリートの熱さです!
散歩に行く時に風があって人間は涼しくても足元のコンクリートからの照り返しで
ワンちゃんが歩く、低い位置の温度はまだ高い時があります。
IMG_0319
熱いコンクリートの上を靴を履いていないワンちゃんが歩くと
肉球を火傷してしまうことがあります。
火傷してしまうと皮が剥けてしまったり出血してしまって
歩くのに支障がでてしまうかもしれません。
それだけは、避けてあげたい!
ワンちゃんは自分で熱い場所を避けて歩くわけではないので
散歩に出る時には一度しゃがんでみて、ワンちゃんの高さでも暑くないのか
もし触れるならワンちゃんの歩く場所を一度触ってみて、
熱すぎないか確認してから散歩に行ってあげてください!
IMG_0315
以上、片岡でした。